2008年10月 2日 (木)

やまぼうし

今日、街中で見つけました。

Dsc01459 なんだかちょっと変わった形ですね。

 

 

 

 

実はこれ木の実なんです。

「やまぼうし」という樹木の実というか、どっちかというと果実ですかね。

これ、食べれるのですよ(`~;´)ムシャ ムシャ

ちょっと表面の皮が口の中に残りますが、甘めの果肉で中に種があります。

この「やまぼうし」という樹木は「はなみずき」に近い種で葉っぱも花も良く似ています。

違うのはこの実ですかね。

街路樹として植えられている道路を発見しました。

でもさすがにみなさん食べれるとは知らないみたい、道にいっぱい落ちてましたね。

でも鳥達がつついている様子もあんまりなかったですね。

ヒヨドリとかムクドリが食べそうな気がしてたのですけど・・・。

Dsc01461

ちょっと写りが悪いですが、こんな感じで実がなります。

 

 

 

すでに盛りを過ぎていたようなので、さすがにちょっと手が出なかったのですが、

来年はちょっと様子を見て食べてみようかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

時期はずれの花見

   今日は休養をとる意味もかねてのんびりさせていただきました。

いいお天気だったので少しだけ足を伸ばして桜を見に行く事にしました。

愛媛県でこの時期に桜?

とお思いでしょうが、ちょっとした穴場的な場所が土星人の地元の近くにあります。

林道を使って上っていった山中にあるので、標高のおかげで若干開花時期が遅いのです。

しかしなんといってもこの場所は「枝垂桜」が綺麗なんです。
ソメイヨシノは葉っぱだけになっていましたが、枝垂桜はまだ咲いていました。

P1010390

ここの枝垂桜は開花が遅い為4月下旬頃まで楽しめます。

 

 

P1010394

花のアップです。
枝垂桜は「エドヒガン桜」の変種らしいのですが、開花の早いエドヒガンに対してこの桜は開花が遅いです。
高いところにあるせいかな。

  

 

P1010413_2

1本だけ八重桜が咲いていました。
遠目でみたらいまいちな八重桜もアップで見たら非常に綺麗です。

 

 

 

よいお天気につれられて、そのまま林道を散歩してみました。

春の山の中はそこかしこに生き物の気配がします。
鶯の谷渡りと呼ばれる独特の泣き声が聞こえ、しげみに隠れていたコジュウケイが私の気配を感じてあわてて逃げていきます(←びっくりするんですこっちも)。

P1010441

ピンボケになってしまいましたが、ワラビです。
ちょっと目をこらすとあちこちに生えているのが見つかります。
しかし今回はワラビ取りが目的ではないので放置です(笑)

 

 

 

 

 

P1010432

これは多分「コバノミツバツツジ」だと思います。
薄紫の花の色が森の中にアクセントを与えています。

 

 

 

小一時間ほどの散歩でしたが楽しめました。

ほんと山歩きは久しぶりでしたが、山もまたいいものですね。
またどこかにトレッキングでも行きたくなりました。
(私のブログ、携帯で見る人はまずいないと思われますが、携帯の場合は写真が多いので見づらいでしょう、ごめんなさい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

はなみずき

土星人の地元も昨日の雨と今日の風とで桜は散ってしまいました。

それでも今年は比較的長い期間咲いていたようなきがします。

ソメイヨシノももてはやされるのもここまでで、
夏場は虫がいっぱいつくから嫌われるんですよね。

人間って勝手です。

けど秋の桜は葉の紅葉がなかなかきれいですよ。

さて、桜からバトンタッチを受けるように街路樹のハナミズキが花を咲かせていました。

Dsc01241

この木はまだ小さいですが、花はたくさんつけています。
北アメリカ原産のこの木は、明治時代に日本がアメリカワシントン市に桜を送ったお返しに送られてきたというエピソードで有名ですね。
ちなみに花言葉は「返礼」なんだとか、出来過ぎのようですがホントの話です。

 

 

 

 

Dsc01243

花のアップ
ちなみに花びらに見える白いところは、実は(ほう)といって葉の一種なんだそうです。
はじめは写真左のように緑なのがだんだんと白くなります。

 

 

Dsc01244

こちらは赤い花のハナミズキ、
まだまだ咲き始めでした。満開になるとピンク色になりこちらもまた綺麗です。

 

 

 

その他の街路樹では、楠(くすのき)が葉っぱが新しくなって古い葉っぱが散っていますし、欅(ケヤキ)も新しい葉っぱが芽吹いています。

季節が春から初夏に動いているなあと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

春うらら

今日はいいお天気でまさに春らしいです。

今年は庭にある姫りんごの木に、花がこれでもかというぐらい咲きました。

P1010359

花が鈴なりです。早速蜂がぶんぶん飛び回っていました。
蜂をはじめ虫たちのおかげで植物は受粉できるんですよね。

 

 

P1010370

りんごの花アップです。
分類学上の科が同じだけあって桜とよく似ています。

 

 

 

これだけの花が全部実をつけたら大変な事になるなあ。

今年は適果が必要かもしれません。

P1010365
花の散った梅には実がなっていました。
だんだんと大きくなってきています。
青梅なので毎年梅酒になります。

 

 

 

今日の夕方から天気は下り坂になるそうです。

明日は四万十川遠征なんだけどなー、天気が悪いとテンションが半減ですが、

実は四万十川は初めてなのでがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ヒヨドリひーちゃん

今朝の事です、

何気に窓の外を見たら、庭の木に鳥が止まっていました。
(写メの映像がそうです)

寝起きで頭がボケていた土星人は、

「かっこうがいる!!」

と慌てててしまいしたが、

よく見たらヒヨドリでした(笑)。

でも、人間さまが近づいても飛んで逃げるでなく、
ただ慌てふためくように、
木の枝をぴょんぴょん飛び回っているだけなので
怪我でもしているのかと思ったのですが、
外傷が見当たらないので、
ひなが巣立ちに失敗したのかなとも思います。
(それにしては時期がちょいと早い気もしますが・・・)

いずれにしろ今は飛べない鳥みたいです。

ヒヨドリって鳴き声はぴよぴよと騒がしいし、
ミカンなんかの柑橘類を食べちゃうので
どっちかっていうと害鳥っていうイメージがあるのですが、

こうなるとちょっと哀れに見えてしまうものですね。

(いずれにせよ人間による一方的な見方ですが(笑))

今は無事に飛べるようになってほしいと思います。

さしあったって、ヒヨドリの「ひーちゃん」と名づけました(笑)
(↑単純すぎ)

ひーちゃんが無事に飛びたてたらいいなと思います。

明日どうなっているか、
また確認してみたいとおもいます。

P1010346

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

春の足音

P1010259

 

 

まだまだ寒いと思っていたのですが、気がつけばちゃっかりと梅の花が咲いていました。

そういえばもう二月に入っていますから、土星人の地域ではそろそろ梅の季節になります。

ちなみに今、花と言えば「桜」を指しますが、昔は花と言えば「梅」の花だったそうです。

その理由に万葉集や古今和歌集等に読まれている花の1位は梅の花だからというのがあるそうです。

梅といえば、京都の北野天神や福岡の大宰府に代表される菅原道真ゆかりの神社が有名ですね。

土星人の地元にも菅原道真ゆかりの神社があって、なんでも菅原道真が大宰府に左遷される折に立ち寄った事が発祥だとか。

当然、ここにも梅が多数あり、見ごろの2月の中ごろには梅祭りをやります。

今年はちょっとのぞいてみようかな、梅祭り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

近所の鳥さん

本日はちょっとだけですが、
バードウオッチングの雰囲気を出してみたいと思います。

ご近所にいる鳥さんを紹介したいと思います。
ご近所といってもペットではなく野生です。

意外と野鳥は身近にいるもんです。

私の近所ではカラスやすずめはもとより、
今の時期は山から下りてきた、メジロやムクドリ、ヒヨドリがいます。
エナガ、シジュウカラ、ツグミなんかも見かけますね。

F1用に仕入れたデジカメが18倍ズームなので
本格的な写真とはいかないまでもそこそこな写真が
撮れたらなあ、と挑戦してみました。

先ずは冬の定番、「メジロ」です。

メジロを観察するのは簡単、
餌としてみかんを用意して木の枝に突き刺しておけばすぐ来ます。

P1010247 こんな感じですね、コツは細めの枝に刺すこと、
大きい枝に刺すと同じくみかん大好きなヒヨドリが
メジロを押しのけて占領してしまいます。

 

 

P1010249 程なくやってきます。

目の周りが白いから「メジロ」わかりやすいですね。
さえずり声もキレイです。

 

 

 

昔からメジロの鳴声は「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛」と聞こえると
言われていますが、私にはさっぱり聞こえません(笑)

そして羽根の色ですが見事な鶯色ですね。

で、何故か本物の鶯はこういう色ではなく茶色なんです。
鶯色というよりメジロ色という方が正解のような気がします。
何故なんでしょうね。

P1010250 みかんを懸命につついています。
ペアで来ることも多いのですがこの時は1匹だけでした。

 

 

 

きれいだしかわいい鳥ですが、
目の周りの白いのがちょっと変?と思うのは私だけでしょうか?

こんな感じで、たまにご近所の鳥さんを紹介したいと思います。

ネタがないだけだろうなんて言わないでね(笑)

ただ、写真撮るのが難しいんですよね。

次は、ムクドリ、ヒヨドリ、ハト・・・・うーん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

師走ですね

師走ですね
十二月です。師走です。

まあ、だからと言ってどうだ、というわけではないのですが、
年末だなあ、と感じます。

ちなみに、腰痛ですが、痛みは大分収まっているのですが、違和感は一向に消える気配がないので、

こりゃ気長に治療するしかないか、

腹を決めて現在、整形外科にリハビリ通院しています。
以前、ヘルニアを発症して以来の行きつけの病院です。

幸い、ヘルニアの進行はほとんど見られないと言ってくれ、安心しました。
しかし、ストレッチが足りないと注意されてしまいました、トホホ。

今後はまた改めて念入りにストレッチします。

あ、なんか師走とは関係ない話になってしまいましたね。すみません。

写メは職場近くの街路樹のハナミズキです。

真っ赤な実をつけていました。
葉っぱもほとんど散って冬だなあと感じました。

でも大半の樹木は葉を散らした時点ですでに新しい新芽の用意が出来ているらしいです。

暖かくなって準備するのではないらしいです。

うーん、用意周到ですね。
ちょっとは見習いといけませんね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

どんぐり

どんぐり
写メのどんぐりは職場近くの道路に落ちていたものです。

はて??なんでこんなところにどんぐりが・・

と思ったら近くの家にそれらしい木がありました。

多分「シラカシ」だと思います。

ちなみにどんぐりはブナ科に属する木の果実を指します。クヌギとか樫、ナラなんかの実がどんぐりと呼ばれます。

なんて事はないのですが、なんかどんぐりがかわいく見えてしまい、

損傷のなさそうなヤツ2、3個を選び、街路樹が植えられいる土の部分に埋めてみました。

まあ、芽がでるようなことはないとは思いますが、万が一大きくなったらどうしましょう。

そうなったら楽しい事だけど道路の管理としては困った事にもなるかなあ、なんて思ってしまいましたね。
ぼんやりとした、秋の午後の事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

欅並木

欅並木
今日の土星人の地元は寒かったです。

まあ、今までがあったかすぎたのかもしれません。

写メは通勤途中にある欅並木です。

青々と緑を繁らせていた欅もようやく紅葉に入ったようです。

この欅並木はちょいと立派で土星人はなかなか良いところだと思っているのですが、今の時期、落ち葉がすごいらしいです。

欅や楠などの成木なら約30万枚の葉っぱがあるらしいです。

合計で30万枚が散ってくるのだから、それは掃除も大変です。水路や樋がつまると大変ですし・・・

あと、大きな木だから信号や電線にかからないように手入れも大変です。

そんなこんなで極端な人は木を切ってしまえと言っているそうな。

でも夏場はこの欅のおかげで木陰が涼しく気持ちがいいし、緑と紅葉は目をたのしませてくれます。

だからこの並木を大切にしていこうと言う人もいます。

木だって生き物なんだからすべて人間にとって都合のいいようにはいきませんよね。

そこに植えられた欅は普通に生きているだけなのに人間って勝手だなあ、と思いますね。

あ、なんかこんなこと書きはじめると段々説教くさくなるので辞めましょう。

もう11月も半ばです。
冬が近づいてきています。
ちなみに土星人は冬はスキーをする人になります。

昨年は暖冬でしたが今年は雪がそれなりにあるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧