2017年10月15日 (日)

いのししレザープロジェクト考察編

以前のエントリで報告したいのしし革を使った靴のお話です。 1508068299879.jpg

靴は早速履いてます。いのしし革は柔らかい革なのではき始めから馴染む感じです。 1週間に1回位の割合で使ってます。今のところ特に問題ないようです。 さてこのいのしし革靴ですが、作製にあたって使用する革は結構多いです。 そして当たり前の話ですができる限り均一の厚さがあるのが良いです。そのため、革の購入は1頭分まるまま購入いたしました。 初めての試みなので念のために片足1頭づつを考えて2頭分購入いたしました。
1508068301506.jpg
完成したら幸いなことに1頭分の革で一足完成いたしました。 上の写真は作った後の革です。こんな感じなので1頭分の分量があるなら一足つくれると思います。 肝心の革のお値段ですが、サイズにもよりますが1頭分なら大体1万五千円前後だと思います。 そして、靴のオーダー料金ですが、デザインやオプションにもよりますが四万円程になると思います。 あわせて6万円弱で一足完成というところでしょうか。
 
皆さんも一足いかがですか?(笑)
革を購入した処はしまなみ海道の真ん中の大三島という島にあります。
「Jishac」という名前の革細工の工房です。
http://www.geocities.jp/handicraft_jishac/index.html
地域おこし協力隊として大三島に移住してこられた方でいのししの革細工をやっておられます。
ここに直接連絡をとり、現地まで足を運んで革を購入いたしました。
以前のエントリにも書きましたが革のなめし加工は東京の工房に発注しています。
素材が天然物だけにロット毎によって仕上がりが違うのだそうです。
そこが良さでもあるのですが、商品という観点からは通販のような購入方法は難しいと思います。面倒かもしれませんが、革購入にあたっては現地まで足を運ぶ事をおすすめします。
そして革を靴加工するために持ち込んだところは、
今治市内にある「くつ家ともだ」という靴屋さんです。
http://kutuyatomoda.com/
ここは以前からオーダー靴を取り扱っています。
私も3足程すでに作っており、このいのしし革靴で4足目のオーダーとなりました。
こちらもオーダーである以上、採寸の問題がありますのでやはりお店まで足を運ぶ必要があるかと思います。
現地まで足を運ばないといけないというのは、煩わしく、面倒に思われるかもしれませんが、その見返りとして世界に一足と言ってよいものが出来上がります。
道楽と言われればそれまでですが、こういう遊び的なものがあってもよいのではないでしょうか。
※今回のエントリにあたってはJishacさん、ともださん共に了解をいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

バッグ

1508068144184.jpg

手前の小さなバックはJAL修行中に機内販売で買ったものです。
ちょっとした外出や旅行先でのセカンドバッグにちょうどいいかも、と思い買ってみました。

ビアンキのブランド名ですが、自転車の老舗メーカーとは恥ずかしながら知りませんでした。(^_^;)
その後、買い物の折にたまたま見かけて買ってしまったのが後ろのリュックです。
おんなじビアンキのブランドです。
同じ色でお揃いにしてみました。

本来ならこれらで自転車ツーリングでも行けば良いのでしょうが、残念ながら私は自転車の趣味は持ち合わせていません。
でも、行動的な旅行やお出かけには重宝しています。
実際、シンガポール修行においては活躍してくれました。
なかなか良い買い物だったと自画自賛です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

いのししレザープロジェクト02

以前のエントリでいのししの革を使った靴を作ってみるために発注した所までを書いたと思いますが、いよいよ靴が完成いたしました。( ´艸`)ワクテカ

1503316220401.jpg

じゃーん(´▽`)ノ
これがいのししの革を使った革靴です。

自画自賛になりますが、格好いい、
いい物が出来ました、(*´∀`*)ノ
独特の革の風合いを強調するためにプレーントウにして、オーダー感を出すためにサイドレースのデザインを選びました。

ただ、靴を作った工房さんでもおそらくは初めて扱った素材だと思いますので、耐久性がどれぐらいなのか不安があると事でした。
耐久性に関してはこれから私がこの靴を利用して試していきたいと思います。

1503316221350.jpg

靴のアップです。
表面の風合いは牛や羊とはまた違った感じです。所々線が入っているように見えるのは野生のいのししならではの傷です。
ワイルドですね。(っ´ω`c)

ちなみに、この靴ができるまでには、

①野生のいのししを猟師が仕留める。
②いのししをきれいに捌いて皮をとります。
(ちなみにお肉はジビエ料理の素材になります)
③皮から余分な脂身やお肉を取り除いてを塩漬けにします。
④皮をなめして革にします。
⑤革を加工します。

という工程を踏みます。

①~③までは狩猟した土地で行いますが、④番の工程は日本でも出来る所が数少ないらしいです。そのため、東京にある加工場に依頼しているそうです。
こうして出来た革が前回のエントリで紹介したものになります。
そして、革を靴にするには専門の技術が必要です。私の地元にある靴屋さんは山形県にある工房と提携しているので、山形県まで行って帰って来たことになります。

地元→東京→地元→山形→地元

という移動をいのししの革が行ったという事ですね。

何て言いましょうか、
一つの物が出来上がるまでにはこれほどの沢山の人の労力を使っているものなんだなあ、
と実感いたしました。
小売店に行けば何でも手に入る時代ですが、普段何気なく使っているものでも、沢山の経費と労力が使われています。物を粗末に扱ったら罰があたると言われますが、その事を改めて実感いたしました。

この靴、大事に使わせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

いのししレザープロジェクト

1499653016242.jpg

なにやら黒っぽい物が広がっていますが、これはいのししの皮です。

全国的に農業や林業の分野で野生動物による被害が増えてきているようです。
その対策としてジビエ、野生動物のお肉を料理する事(ジビエとはフランス語で狩猟した物というらしいです)、が推進されています。

でも、お肉だけでなくてその他も使えたらもっと需要が進むんじゃないかな?
という素人の思い付きで、以前のエントリでも紹介したオーダーシューズをしている靴屋さんに話をしてみました。

「いのししの革で靴って作れるかな?」
「聴いた事がないなあ、いのししの革は豚に近いと思う、豚革はあまり靴に向く素材じゃないよ」

そーなんだ、やっぱり素人考えは駄目ですね。
と思っていましたが、

「でもまあ、一度見てみない事にはなんとも言えないなあ」

という事で革のサンプルを見てもらいました。

「これなら出来るかもしれないよ」

といううれしい言葉をいただきましたので、地元で狩猟したいのししの加工をしている所からなめした革を購入いたしました。
ちなみに、素材である皮をなめして革にする事が出来る処は全国を探しても少ないとの事です。

購入した革が上の写真です。ちょっと遊びを入れて色は青色です。青といってもネイビーのような良い色合いです。これを使って靴を作ります。
靴のデザインを決めてすでに発注をいたしました。どんな仕上がりで帰ってくるか楽しみです。
完成したらまたエントリとしてアップしたいと思います。

1499653017577.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

風邪引いた

連休も終盤ですが、私はあいにくと風邪を引いてしまいました。

幸いに熱は出てないのですが、咽の痛みがひどいです。おかげで連休中はずっと引きこもっていました。
今シーズン初のカヤックとか行ってみたかったのですけど、結局何も出来ずじまいです。

でもまあ健康には変えられませんからね。
歳をとると回復も遅くなっているようです。日常の健康管理が大切だとしみじみ思います。

みなさまも体調には気をつけてくださいね。

何かあまりにも内容のないエントリなので適当に写真でも張ってみます。

夜桜とかにゃんことか、特に意味はないです(*´∀`*)ノ


1494057600700.jpg


1494057607126.jpg


1494057608071.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

遠方より友来たる

先月の事ですが、東北の時に一緒に仕事をした人が愛媛に遊びに来ました。

土「何処か行きたい所ある?車だすよ」
友「佐田岬に行ってみたい」
土「おっけぇ、了解(愛媛初なのになんてマニアックなチョイス・・・)」

そんな訳で松山から佐田岬目指してドライブです。


1490481064720.jpg

1490481065672.jpg

途中で内子の街並みを見学しました。
愛媛県人なのに内子座に入ったのは初めてでした、(^o^;

1490481066288.jpg

お昼ご飯は八幡浜の道の駅(海の駅?)「みなっと」で海鮮丼を食べました。
お魚たくさんでなかなかおいしい。

1490481067035.jpg

1490481067730.jpg

天気が良いので海がキラキラでした。
友人は一般的な観光で行けない所に行くのが好きなので、結構喜んでもらえました。

地元民としては何でもないものが外から来た人にとっては珍しかったり、素晴らしいものだったりするもののなんですよね。
改めて地元の良さを理解いたしました。

1490481068343.jpg

双海の夕日を見て友人は帰っていきました。
楽しい思い出をありがとうございました。
今度は私が遊びに行きますね((*´∀`*)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

薪ストーブ(^.^)

冬が近くなってきましたが、少し前に薪ストーブを取り扱う業者が見本市をするという話を聞いたのでどんなものなのか見学に行きました。

1479880114760.jpg

行った先はとある製材屋さんです。
薪ストーブなんてニッチな物だと思っていましたが、どうしてどうして、中々の人出でした。
特にこれから家を建てようか、という雰囲気の親子連れの客が多い気がしました。

1479880115809.jpg

色々な薪ストーブや関連商品が展示されています。一口に薪ストーブと言っても色々なタイプがあるのですね。

1479880116613.jpg


1479880117307.jpg


本日のお目当ては薪ストーブを熱源にしたランチの試食です。
有料ではありますが、プロの料理人に出張してもらって作っているので期待が高まります。

1479880118104.jpg

美味しそう( ´艸`)
ローストビーフ、パエリア、ミネストローネにデザートのパウンドケーキ、すべて薪ストーブが熱源で作りました。
とても美味しかったです。

薪ストーブはロマンですねえ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

心配

今朝方、地震がありました。
しかも、津波警報も一緒です。
土星人の地元は大丈夫なのですが、仕事で出向していた東北が震源地の様子。

心配でした。

報道では大きな被害はなかった様子ですが、
個人的な知り合いがどうであったか、気になっていました。
夕方以降に連絡をとったところ、個人的な知り合いはみな問題ないとの事でした。

よかった、本当によかった。

色々と思うことはありますが、まずは知り合いの無事を喜びたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

イルカさん

私の地元に、今年の春からイルカとふれ合える施設がオープンしました。

オープンから夏場にかけてはかなり盛況していたと聞きます。
夏も終わり秋の声が聞こえ始めた頃、
そろそろ人も少なくなってきたかな?
と思い、訪問してみました。

1477534493910.jpg

1477534496249.jpg

しまなみの橋の見える海岸にその施設はあります。

1477534497712.jpg

イルカがいたー、(*´∀`)

写真にある大きな囲いのなかにイルカがいます。
こちらの施設では見学、イルカに触れるコース、イルカと一緒に泳ぐコース、とプログラムがあるようです。
初めでなのでとりあえずはイルカと触れ合えるコースに参加してみました。
水しぶき対策に胴長を着て先ほどの生け簀に向かいます。

1477534499177.jpg

とても愛嬌のあるイルカです。

1477534501021.jpg

こんな感じでなでなでさせてくれたり、

1477534502313.jpg

握手したりできます。(*´ω`*)

その他、輪っかをとってきてくれるという定番の芸も披露してくれました。

30分ほどでしたが、楽しい時間でした。
水族館で見たことはありましたが、こんな間近でイルカを見たのは初めてでした。

次は一緒に泳いでみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

ほー、ほー、

東北にいたときの話です。

仙台にフクロウカフェなるものが
存在していると聞き及んだので、行ってみました。

1468165141358.jpg

いきなり出迎えてくれるフクロウさん、∑(OωO; )ビックリシタヨ

1468165134334.jpg

1468165136374.jpg

1468165137425.jpg

色々な子たちがいます。

1468165138472.jpg

革の手袋つけてメンフクロウ手乗り状態です。
羽根が凄くモフモフでした(っ´ω`c)
甘噛みもしてくれました。なんか、すごくかわいいです(//∇//)

1468165139486.jpg

ちなみに、このフクロウカフェはミニブタさんもいて、ぴーぴーと愛嬌を振りまいてました。

約一時間程の時間でしたが、なんだか癒やされる、という感覚でした。

1468165140371.jpg

目をつぶっているフクロウさん、何だかにっこり微笑んでいるようにも見えますね。(´▽`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧