« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月24日 (日)

引退しました

Xboxのサービス開始時からずっとやっていたモンスターハンターフロンティアを引退しました。
当時一緒に始めた人達も次々と去っていき、一人でずっと猟団を維持していましたが、ようやく辞める事ができました。
これまでに課金した金額も結構な額ではありましたが、いつかは辞めるものですからね。
なんとなくほっとしている自分がいますね。

でも、1月発売のモンスターハンターワールドは参加します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

今度こそ最後の修行03

シンガポール旅行記その2です。

Dsc_0587_r
お昼ご飯です。(*゚▽゚)ノ
「肉骨茶」です。なんか強そうな名前(笑)
「肉骨茶(バクテー)」と読むそうです。
スペアリブをスパイスとかと一緒に煮込んだ煮込み料理です。
写真右上のやつがそうです。
これもチキンライスと並んでシンガポールのローカル定番料理なんだとか。
スペアリブがホロホロになるまで煮込まれているので食べやすいです。
写真上真ん中の「油条(ユウジャオ、揚げパンみたいなもの)」をスープに浸して食べたり、スープをご飯にかけたりして食べます。
シンガポールは物価の高い街ですが、街中のあちこちにあるホーカーズ、屋台村のような所、に行くと食事なら安くすませられるのは嬉しいです。
Dsc_0591_r
今回はカジノにも寄ってみました。
基本、あまり賭け事はやらない人なのですが独特の雰囲気を味わえますし、
ドリンクが無料だったりするので私は休憩がてらに入ります。
Dsc_0593_r
!!(゚ロ゚屮)屮ナンカスゴイトコキタ
韓国のウォーカーヒルとか行ったけど、規模が全然違います。
めっちゃ広い。ただただ圧倒されました。
そして金額にも圧倒されました(笑)
最低の掛け金額がだいたい10ドルのテーブルが多いです。
たまに5ドルのテーブルもありましたが、10ドルっていったらさっき食べたバクテーより高いじゃん・・・・・・、と思ってしまう私はやはり賭け事には向いていないのでしょうね。
バカラのコーナーだと100ドルからというとんでもないテーブルもありました。
結局、小心者の私はドリンク飲みながら、だらだらとスロットをちょっとだけやってカジノを後にしました。
Dsc_0614_r
晩御飯です~(*゚▽゚)ノ
今回のシンガポール旅行でこれだけは挑戦しようと考えてました。
シンガポールの名物料理「チリクラブ」
これは今までのホーカーズ料理とは違ってちゃんとしたレストラン料理です。
シンガポールでチリクラブといえば代表格に挙げられるお店「ジャンボ」に突撃いたしました。
が、流石に超絶人気店ですね、開店と同時に満杯です。
予約はしていないので時間待ち・・・・・・
相席OKにしていたのがよかったのか、30分待ちぐらいで入店できました。
大きな丸テーブルには私を含め、現地人っぽい若い中国人の男性2人組、中国人の老夫婦と息子の3人組、韓国女子2人組でした。
Dsc_0622_r
ジャーンヽ(´▽`)/
これがチリクラブです。エビチリのエビの代わりにカニ一匹使った料理と言えばいいでしょうか。
料理名にチリと入っているので辛さはありますが、そんなに辛くはありません。日本の中華でエビチリが食べれるなら大丈夫だと思います。
Dsc_0628_r
このでっかい爪見てください。(*゚∀゚)=3ウマー
ちなみにカニの種類はスリランカクラブやオーストラリア産のマッドクラブが多いみたいです。アラスカ産のカニだとお値段が跳ね上がるみたいです。
Dsc_0618_r
ソースの飛び散りを防ぐために焼肉屋さんで使うような紙エプロンが用意されています。
なんかかわいい(*^-^)
めっちゃ美味しいチリクラブですが、難点が二つ、
一つは殻つきのために食べにくい事、ソースで手がベトベトになります。フィンガーボールとか用意してくれてますが、できれば自前でウエットテイッシュとか持って行った方がいいかもしれません。
そしてもう一つは、一人だと量が多いです。大きめのカニ1匹はなかなか大変でした。
お値段も約80ドルとなかなかです。本来はは2.3人でシェアするものなのでしょう。
Dsc_0640_r
Dsc_0631_r
食後はシンガポールの繁華街を散策して腹ごなしです。
夜景が綺麗です。
こうして2回目のシンガポールを後にしました。
無事に修行も終える事もできましたし、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

今度こそ最後の修行02

ではでは改めましてシンガポールでの旅行記になります。

Dsc_0466_r_2
「シンガポールフライヤー」です。
世界最大級の観覧車らしいです。でっかすぎて足元からでは写真に収まりません。
これに乗ってみる事にします。
Dsc_0484_r
ゴンドラでっかい、Σ( ̄ロ ̄lll)
日本にあるような数人乗りタイプではなく10人以上は乗れる感じです。
Dsc_0487_r_2
中はこんな感じ、
朝速くに乗ったので広い室内独り占めです。
朝8時半からの営業開始らしいので早くに行くと空いているようです。
Dsc_0527_r
Dsc_0531_r
シンガポール市内が一望できます。
1周約20分から30分ぐらいでしょうか、良い眺めです。
Dsc_0516_r_2
シンガポールフライヤーの足元にはF1のホームスタンドがあります。
ここから見るレースはまた格別でしょうね。
シンガポールフライヤーの後はこれまた高いところに登ります。
マリーナベイの展望スペースに行きました。
Dsc_0548_r02
Dsc_0560_r
シンガポールフライヤーよりさらに高いところです。
高所恐怖症の人は結構きついかもです。かくいう私もなにげに真下を見下ろしてビビリが入ってしまいました。
Dsc_0554_r
海側を展望します。足元には巨大植物園のガーデンズベイ、その先に海です。
海運の要衝であるシンガポールらしく、無数の船舶が沖合に停船しています。
Dsc_0568_r
展望台はこんな感じです。広い空間です。
Dsc_0569_r
Dsc_0576_r
なんとこの屋上にはレストランやプールがあります。
ホテル宿泊客限定ですが・・・
でもビビリが入った私には例え宿泊しても利用できないかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

今度こそ最後の修行

前回、謎の出発遅れのトラブルで完遂できなかったJGC修行ですが、

この度無事に完了させることができました。
補完のための行程をどうしようかと悩んでいたのですが、結局またシンガポールに行く事に決めました。
ただ今回は足りないFOPを補えばよいので、沖縄発着ではなく地元からの発着便を予約いたしました。
地元 → 成田 → シンガポール → 羽田 → 地元
という行程になります。
Dsc_0421_r
地元発の便はジェットスターです。
スパイダーマンジェットでした。なんかかっこいい、(*゚▽゚)ノ
Dsc_0426_r
ジェットスターに乗ったのは初めてです。
マスコットキャラの焼印が入ったどら焼きをいただきました。
成田からシンガポールへの行程については特筆すべき事はありません。
前回とまったく同じです。
深夜にシンガポールについてトランジットホテルでの休憩も同じように行いました。
ただ、入国審査時に滞在日数が1日になっているのを、入国審査の人にちょっと不信がられました。怪しい薬の運び人みたいに見られたのでしょうか・・・・・ orz
Dsc_0457_r
朝ごはんは定番のカヤトーストをいただきました。
トーストとコーヒーだけだと物足りない感じですが、温泉卵のようなものが2個もついているので意外とお腹にたまります。
Dsc_0548_r
地下鉄に乗って市内へGoです。
ちょうどF1のシンガポールGPの1週間前ということもあり、あちこちF1色になってました。
Dsc_0468_r
シンガポールグランプリは市街地コースです。道路に専用のコンクリとフェンスが置かれてます。
Dsc_0465_r
関係者みたいな人が続々とエリアの中に入ってゆきました。
3日のレースですが、準備や後片付け等にたくさんの人が関わっているのだなあ、と改めて実感しました。
Dsc_0610_r
市内のショッピングモール内ではF1に引っ掛けたのかミニ四駆のイベントがありました。
ちゃんとタミヤ公式のレースのようです。楽しそう、(*^ー゚)b
シンガポールもそこそこ詳しくなったので来年はF1シンガポールGPを見に行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

ニュースタイル中華

少し前ですが、ちょっと変わった中華料理のお店に行きました。

ヌーベルキュイジーヌ系のお店になるのかな?
中華料理ですが、かなり洋風のアレンジが入っているお店でした。

1504277356489.jpg

突き出し代わりに出していただいた一品、
枝豆のムースです。
そのままフレンチのアミューズで通用しそうです。

1504277357402.jpg

こちらのお店は四川料理がメインのお店です。
四川料理の定番メニュー「よだれ鶏」です。
棒々鶏のピリ辛バージョンです。

1504277358294.jpg

フルーツトマトを桂花陳酒のシロップでつけたコンポートです。甘さはおさえています。

1504277359131.jpg

料理名は「エビマヨ黒」、
中華式の海老の天ぷらに豆チ醤をベースにしたソースがかかってます。

1504277359806.jpg

さらにこちらの料理は「麻婆豆腐・白」です。
麻婆豆腐といえば豆板醤の赤色が目につきますが、この料理は真っ白です。
一見単なる豆腐あんかけに見えますが、ちゃんと麻婆豆腐しています。
青唐辛子から辛さを抽出していると思われます。見た目に反して結構辛いです。

意外性のある料理が多いですが、基本がしっかりしているからでしょうか、なんちゃって料理ではなくきちんと中華だな、と感じました。

キュイジーヌ系の料理は大都市圏に行かないと食べれないと思っていましたが、地元にあるのはうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »