« 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 | トップページ | 一年前ですがモンハンフェスタのお話 »

2016年9月29日 (木)

夏に真冬のお話、白神山地編

夏に書き始めたこのエントリーシリーズ、最終回は秋真っ只中という体たらくぶりです(;´д`)トホホ…

ですが、最後まで書かないと先に進めません・・・・・・、┐( ̄ヘ ̄)┌ ジゴウジトクダケドネー
東北の真冬ツアーも最後のイベントです。
白神山地のスノートレッキングです。
世界自然遺産として名高い白神山地、中心部分には許可をもらったマタギ以外は入れませんが、周辺部分は観光ルートが確立していて、自然観察ツアーが人気と聞きます。
しかーし、1月から2月にかけての真冬の真っ只中のこの時期、
ツアー参加者は私1人でした、\(^ω^)/
Dsc_0906_r
右か左か、どっちかが白神岳です。
冬の山々は特に神秘的です。
ちなみに、私が参加下ツアーは12湖を巡るツアーです。
P1110180_r
この年は例年よりかなり少なかったらしいです。
でも、南国の私にはすんごい積雪としか思えません。
P1110229_r
こんな感じで「かんじき」をつけて雪の中をサクサクと歩きます。
白黒の水墨画の世界のような中を動いているのは私とツアコンの方二人だけという不思議な世界です。
P1110193_r
なんて思っていたら、ものすごい幸運が、
この池の上をオジロワシが飛びました、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
オジロワシって本当に尾が白いのですね、
遠目でしか見れませんでしたが、まさに王者の風格を感じました。
ツアコンの方曰く、今シーズンは私も初めて見た、とのこと。
(冬にやってきて夏はシベリアの方に行ってしまいます)
なんてラッキーなんでしょう。
ちなみに、オジロワシがやってくると、小さな小鳥や小動物たちはその気配を
感じて息を潜めてしまうのだとか、
そのため、オジロワシが存在している空間は一種独特の張り詰めた雰囲気が漂うらしいです。自然の神秘です。
P1110220_r
P1110219_r
オジロワシの興奮をそのままに歩を進めると、12湖の中でも一番有名な池、「青池」に到着です。
青くないじゃん、と思ってしまうかもしれませんが、これ、肉眼ではかなり濃い藍色に見えました。
Guide000000172684_4
ちなみに夏場はこんな感じで見えるそうです。
(じゃらんのHPより拝借いたしました)
すごく透明度の高い池です。
神秘的でした。
P1110286_r_3
白神の山の神様がちょっと気をきかせてくれたのでしょうか、
雲が切れて晴れ間が見えました。
すごく綺麗です。
P1110287_r
樹齢何百年はありそうなブナの大木です。
こんな樹があちこちにあります。
ちなみに写真の方がツアコンの方です。
親切で物知りで、楽しい方でした。
おかげで勉強になったし、すごく楽しかったです。
ありがとうございました。
ツアーも無事に終了し、帰りは再びリゾート白神に乗って、秋田まで、
秋田からは新幹線小町に乗って仙台まで帰りました。
濃密な2泊3日でした。

|

« 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 | トップページ | 一年前ですがモンハンフェスタのお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/64276786

この記事へのトラックバック一覧です: 夏に真冬のお話、白神山地編:

« 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 | トップページ | 一年前ですがモンハンフェスタのお話 »