« 夏に真冬のお話、アルケッチャーノ編 | トップページ | 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 »

2016年9月16日 (金)

夏に真冬のお話、アルケッチャーノ編02

それではアルケッチャーノでの食事後半戦です。

1452336772740_r
タラのソテー?・・・ポワレ?かな。ソースに岩のりがふんだんに使われていて磯の香りがしました。
1452337742359_r
伊勢海老です。粒状のパスタとの食感の違いが楽しいです。
1452338534387_r
のどぐろのムースです。実はのどぐろは初めて食べました。
1452339136732_r
うさぎとごぼうのスープです。非常に野性味あふれる味でした。
1452339959774_r
ここからメインのお肉料理です。このお皿はこのお店のスペシャリテのようです。
郷土野菜の藤沢カブと豚肉のローストです。
お店の方が「カブの方がメインです」と言っていましたが、土の香りのする力強いカブでした。
1452340801107_r
そしてここで、メニューにないサービスなひと皿が出てきました。
猪のローストです。
嬉しい不意打ちでしたが、お腹的にはちょっとキツかったです(笑)
1452341006323_r
羊のロースト、王道な料理ですね。口直しにカモミールのハーブテイーがついてきます。
1452342120939_r
そして、ラストを飾るのは、数年前からアルケッチャーノで目玉にしている料理。
レーザーで焼いた牛ステーキです。
料理名がすっごいインパクトですね。
この牛肉、スジ肉らしいです。
堅いスジ肉もレーザーを当てることによって繊維が断ち切られるのでステーキのような調理方法でも食べれるようになるのだとか。
確かに、言われなければスジ肉とはわからなかったです。
未来を先取りしている料理かもしれません。
1452343643416_r
そしてデザートです。
個人的にはちょっとハイボリュームでした。奮発して皿の多いコースにしたのですが、皿数の少ないコースにしてもよかったかもです。
お腹いっぱいになってホテルに帰って寝ました(笑)
そして翌日は北上して秋田を目指します。

|

« 夏に真冬のお話、アルケッチャーノ編 | トップページ | 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/64208541

この記事へのトラックバック一覧です: 夏に真冬のお話、アルケッチャーノ編02:

« 夏に真冬のお話、アルケッチャーノ編 | トップページ | 夏に真冬のお話、不老不死温泉編 »