« 男鹿半島カヤックツアーおまけ | トップページ | あけおめことよろ »

2015年11月20日 (金)

ジビエなエントリ(温泉編)

昨年の秋の終わりの頃ですが、とある温泉宿を目指して秋田県に行きました。

目的は温泉と熊を食べるためです。

(^(Ξ)^)クマー

マタギの文化が残る東北の山の中には様々な野生の生き物を食べる文化が根付いています。そんな文化の片鱗に触れてみたく、高速を車で三時間以上の道のりをかけて秋田の山奥に行きました。

1452923994422.jpg

これは道中で食べた比内地鶏の親子丼(´▽`)ノ
とっても濃厚で普通の親子丼とは次元の違う美味しさでした。

そして、いよいよ目的地に到着です。

1452923995854.jpg

人里離れた山の中にポツンと存在する宿、そま温泉です。(そまは木へんに山と書きます、何故か携帯では変換しなかったです)

1452923996982.jpg

1452923998205.jpg

雰囲気のある木造建築です。

1452923999256.jpg

熊の敷物ですΣ(゚□゚;)スゲー

1452924000321.jpg

宿の外にある生け簀には鯉がたくさん泳いでました。
この宿のもう一つの名物なんだそうです。
(*´ω`*)チョットタノシミ

否応なしにテンションのあがるシチュエーションなのですが、晩秋の東北の山間部では必ず現れる奴らがいます。

1452924001429.jpg

カメムシ1「おいすー」
カメムシ2「よろしく二キー」

(+。+)アチャー

そうです、カメムシ達です。
匂いのキツいこいつらは独特の対処法があります。
ガムテープで動きを封じる(`・ω・´)キリッ
下手に潰したりしてしまったら匂いがとんでもないことになるのでガムテープでペタッとするんですね。

おいすー、ペタッ、
おいすー、ペタッ、

こんな感じで見つけたらすぐに駆除です。

さて、次はいよいよ熊を食べます。


|

« 男鹿半島カヤックツアーおまけ | トップページ | あけおめことよろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/63075175

この記事へのトラックバック一覧です: ジビエなエントリ(温泉編):

« 男鹿半島カヤックツアーおまけ | トップページ | あけおめことよろ »