« 青森にいってみた、恐山編03 | トップページ | 秋田に行ってみた、大曲編02 »

2014年10月24日 (金)

秋田にいってみた、大曲編

もはや、時系列崩壊のブログです(笑)
こんな時期ですが、花火のお話しです。

秋田県の大曲花火大会、

全国数ある花火大会の中でも屈指の知名度を誇り、機会があるなら一度は行ったらいいよ、と大抵の人から進められる花火大会です。
その凄さたるや、人口十万以下の開催地がこの花火大会のときは70万人をこえる人出でごった返す事になるのです。

コミケも真っ青の人出じゃんww

なんて草を生やすような花火大会に突撃して来ましたよ。
ちなみに、この大曲花火大会によって東北6県すべてに足を踏み入れた事になります。

70万人を超える人出になる花火大会、地理もわからないのでツアー旅行を申し込みしました。

1414152557948.jpg

学生の修学旅行とかを除けば、多分生まれて初めてのバスツアー、o(^-^)oワクテカ

1414152560363.jpg

1414152561333.jpg

真っ昼間からビール飲んだり、車内で食べるお弁当に年甲斐もなくテンションが上がります。

そして、会場に到着、

1414152562226.jpg

会場の河川敷を埋め尽くす人、人、人、

見ろ、人がゴ、ry(byムスカ)

ちなみに、この大曲花火大会は単に沢山の花火が上がるだけではないんです。
この花火大会は競技花火なんだそうです。
競技花火ってナンジャラホイ?
全国の花火製造会社がその腕を競って、一定のレギュレーションの中でいかに素晴らしい花火を上げるか、それを競います。
そんな花火大会があるなんて、恥ずかしながら今回初めて知りました。

しかも、この花火大会、「昼花火」といってまだ明るいうちから花火を打ち上げる部門があります。

1414152562952.jpg

昼花火はこんな感じで、花火というより狼煙に近いものですが、どんな色をつけて、風を計算に入れたたなびき方がどうか?という審査があるそうです。

花火、奥が深い、

本番の夜花火次のエントリに続きます。


|

« 青森にいってみた、恐山編03 | トップページ | 秋田に行ってみた、大曲編02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/60537711

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田にいってみた、大曲編:

« 青森にいってみた、恐山編03 | トップページ | 秋田に行ってみた、大曲編02 »