« 青森にいってみた、恐山編 | トップページ | 青森にいってみた、恐山編03 »

2014年9月24日 (水)

青森にいってみた、恐山編02

恐山エントリの続きです。

1411809299823.jpg

門をくぐって境内に入ります。
ちなみに、恐山とは総称で厳密な事を言うと「恐山」という名称の山はないそうです。前回のエントリで紹介した宇曽利湖の外輪山である8つの山をまとめて呼ぶときの名が恐山なんだそうです。
ここは慈覚大師(東北の有名なお寺はみなこの方が開基ですね)が開山したと伝えられ、現在は曹洞宗のお寺「菩提寺」があります。

ちなみに、恐山と聞いて死者の口寄せを行う「イタコ」を連想する人が多いと思いますが、恐山でのイタコの存在は戦後のことらしいです。
普段はイタコは存在せず、夏と秋の大祭の時だけ、県内からやってくるのだそうです。そして、お寺とはなんの関係もないそうです。
お寺のお祭りにやってくる出店のようなイメージが近いのかな?

1411809301583.jpg

水子を供養するための風車がまわってます。

1411809304390.jpg

奥にある建物がここの本尊である地蔵菩薩を納めてある地蔵堂です。

写真の地蔵堂の左手には火山岩が露出し、火山性のガスが吹き出す一帯があり、先人たちはこの一帯を地獄とよんだそうです。

そちらに行って見ましょう。

1411809310369.jpg

1411809307862.jpg

1411809314092.jpg

奇岩の中に硫黄の匂いが立ち込めています。途中地下水が流れているところではポコポコと音が聞こえ、風車以外は灰色の世界です。
まさに地獄と呼ぶにふさわしい光景です。

1411809317136.jpg

そして、この地獄の一帯を抜けると宇曽利湖のほとりに出ます。
湖の湖岸とは思えないような白い浜、湖の水色とあいまって素晴らしい景色が広がります。
ここは「極楽浜」、と呼ばれているようてす。
さもありなんと、納得です。
写真に写る大きなお地蔵様は3・11の震災で亡くなった方々の鎮魂のために建立されたお地蔵様なんだそうです。

1411809319621.jpg

お地蔵様の背中には大小の手形が彫られてあります。
自分に合う手形に手を当てて個人を偲ぶのだそうです。
お地蔵様に想いを受け止めてもらっているような感じになります。

一定の区域内にこれだけ変化に富んだ地形を内包している恐山は人を引きつける何かがあるんだなと、しみじみ感じました。

|

« 青森にいってみた、恐山編 | トップページ | 青森にいってみた、恐山編03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/60383743

この記事へのトラックバック一覧です: 青森にいってみた、恐山編02:

« 青森にいってみた、恐山編 | トップページ | 青森にいってみた、恐山編03 »