« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月12日 (土)

東北そばあれこれ

私の地元は四国です。四国にも蕎麦の文化はありますが、関西圏だしなんといってもうどん県こと香川県の存在が大きいせいか、どちらかというとうどんの文化圏だと思います。

それに対して東北は蕎麦の文化圏ですね。
美味しいお蕎麦がたくさんあります。
そんなこちらのお蕎麦を少し紹介したいと思います。

1406210722912.jpg

これは以前のエントリで紹介した蔵王でいただいたお蕎麦。

1406210724066.jpg

これは中尊寺の中にあるお店でいただいたとろろ蕎麦です。
本物の自然薯を使っているとか、お汁はちょっと甘めでした。

1406210724898.jpg

これは六魂祭の時に山形で食べたお蕎麦、山形は板そばという、細いきしめんのような平たいお蕎麦か名物のようです。

1406210725919.jpg

これはそばはそばでも中華そば(笑)
仙台には冷やし中華発祥のお店があります。そしてこれがそのお店の元祖冷やし中華です。
醤油味とゴマだれ味の二種類あるみたいです。私は醤油味を食べました。
安心できるお味で美味しかったです。

1406210726859.jpg

またまた蕎麦ではなく麺類ですが、盛岡冷麺です。
じゃじゃ麺と並んで盛岡の二大麺類みたいです。

こうしてみるといろんな麺文化がありますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

山形にいってみた、六魂祭編

六魂祭、あの3.11の大災害からの復興を願って東北6県のお祭りを一堂に会して盛り上げようというお祭りです。
東北6県が持ち回りで開催する事になっているらしく、今年は山形県での開催でした。

ちなみに各県のお祭りですが、
青森県ねぶた祭り
岩手県さんさ踊り
秋田県竿燈祭り
宮城県七夕祭り(すずめ踊り)
山形県花笠祭り
福島わらじ祭り
が集合します。

1404910206777.jpg

地元民の人の中には「昼間のねぶたや竿燈は魅力半減」と言う人もいますが、
私のような県外人にとって、東北の有名なお祭りを一度に見れるのはこの上ない魅力です。
そのせいなのか、写真のように物凄い人出です。

1404910207770.jpg

1404910208480.jpg

航空自衛隊のアクロバットチームで
ある「ブルーインパルス」もその演技を披露して祭りに華を添えてくれました。
すごい迫力で素晴らしかったです。
市街地上空での曲芸飛行は万が一の事を考えたら大変なプレッシャーではないかと思います。
これだけでも来たかいがあったかも、

1404910209102.jpg

人が多すぎで踊りはほとんど見えませんでした(。>ω<。)

ねぶたはその大きさからよくわかります。
でもこれでも本番のねぶたより一回り小さいんだとか、

1404910209822.jpg

竿燈もその大きさからよく目立ちます。

1404910210393.jpg

この大きな竿燈を一人で支えるのですから凄いです。

本番で見てみたくなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

山形に行ってみた、立石寺編

東北の名所を旅すると松尾芭蕉とゆかりがあるところが多いです。
名旅行記でもある奥の細道があるからなのですが、既に江戸時代の昔からその場所は名所であり続けているという事でもあるのですね。
なんかすごいなあ、と思ってしまいます。

さて、今回は奥の細道でも特に有名なあの句、
「閑さや 巌にしみ入る 蝉の声」
が詠まれた場所に訪問です。

宮城県から山形県に入って少しして所にその場所はあります。
地元の人達は「山寺」と呼んでいるので、そのお寺が芭蕉の俳句で有名な「立石寺」であると判明したのは訪問してからでした・・・
なんてお馬鹿な私・・・orz

1404641958393.jpg

これから参道を登りますよ、
山寺と呼ばれるくらいなので急な石段を登っていきます。

1404641969728.jpg

1404641970750.jpg

登っていく途中に芭蕉かあの俳句を詠んだであろうと言われている場所があります。

1404641962500.jpg

参道途中にはこのような岩を削って作られた仏様がいっぱいで、さながら中国南部からチベットにかけてのお寺の雰囲気があります。

1404641963308.jpg

また塔婆にはお経か書かれた車がついており、ラマ教のマニ車を想像させます。
自分の知る限りですが、こういう感じの塔婆は四国にないような気がします。
所変われば、という感じなのでしょうか。
非常に興味深いです。

1404641964281.jpg

1404641965183.jpg

1404641966028.jpg

1404641966908.jpg

1404641967933.jpg

1404641968752.jpg

素晴らしい景色の連続でした。私の拙い文章より写真の方がいいですね。

よい景色を堪能し後は、さらに山形市へと足を進めます。
この日は「六魂祭」が山形市で行われます。
この六魂祭見学もこの日の目的です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

玉こん~(*´ω`*)

1404514310353.jpg

こんにゃくは日本全国どこにでもある食材ですが、東北では丸っこい「玉こんにゃく」通称「玉こん」がメジャーです。
お祭りなんかの出店には必ずあり、串に3つ刺さった状態でひとくし百円で売られています。

個人的な感覚ですが、仙台地方の玉こんはあっさり目、山形地方は醤油色がよくついたこっくり系が多い気がします。
その他の地方ではどうなんでしょうか?ちょっと気になります。

で、その玉こんを家でもやってみよう(´▽`)ノ

別に難しいものではありません、煮こぼした玉こんを他の具材と出汁汁で煮込むだけ、
味つけは以前のエントリで紹介したかえしのみ、

1404514312079.jpg

簡単なおでんの出来上がり(*'▽'*)

そして、芥子は平泉産の芥子です。

これから暑くなっていきますが、梅雨時期はちょっと肌寒く感じる時もあります。
そんなときは温かい食べ物もいいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

平泉のお土産

前回のエントリの最後の写真に写っていた平泉産の粉芥子、

適量を熱湯で溶いて練れば素晴らしい香りの練り芥子ができます(*'▽'*)

でもそれだけではなんかもったいないなー、他に活用できないかな?

と考えて、キュウリの芥子漬けを作ってみました。

1404307763145.jpg

作り方はいたって簡単、キュウリ、砂糖、塩、芥子をジップロックのような密閉出来るものに入れて二、三日冷蔵庫に入れておくのみです。なんて簡単(´▽`)ノ

1404307764135.jpg

1404307764859.jpg

こんな感じてサイドメニューとして大活躍、生野菜そのままにくらべて日持ちもするのでとっても重宝しています。

ただ、漬け物は大量に作る方が味も安定するのですが、一人暮らしの身では大量に作っても持て余してしまいます。

本当ならキュウリ1キロぐらいが安定するのですがとてもそんな量は食べれないのでいつも300グラム~500グラムぐらいの分量で作ってます。
ちょっと塩が強かったり、足りなかったりと安定しませんが、それもまた手作りの味さねー、と開き直ってます(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »