« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月27日 (金)

岩手に行ってみた、平泉編02

さて、いよいよ中尊寺です。

1404222577876.jpg

参道の入り口、

1404222578915.jpg

中尊寺は山の上にあるので参道は坂道を登ります。

1404222579783.jpg

でも本堂は中腹ぐらいのところにありました。

1404222580601.jpg

そしていよいよ金色堂です。
金色じゃないじゃん、とおもいますが、この建物は金色堂を保護するための建物なのです。
したがってこの中に金色堂があるという事になります。
残念ながら金色堂は撮影不可なので写真はありませんが、生で見た金色堂は素晴らしいの一言でした。
私の不勉強ですが、驚いたのは象牙や黒紫檀などの海外産の素材をふんだんに使用していたことです。
都から遠く離れた東北でこれだけの財を投入できたのですから当時の藤原氏の権勢は物凄いものだったのでしょう。

1404222581546.jpg

その他、金鶏山とか登ってみたかったのですが、曇り空から小雨がぱらつき始めたので断念しました。
写真は地元の婦人会がやっているお土産屋さんでいただいた芥子ソフトクリームです。
芥子ソフトクリーム?(ΦωΦ)
平泉一帯で芥子を栽培しているところがあるらしく、色々な加工品がありました。
その中でもこの芥子ソフトクリームは異彩を放ってます。
食べてみたところ、クリームの中にある芥子の実がプチプチとした食感でしかも程よい辛さがツーンと抜けてきます。
これはこれで有りかも・・・
そんな風に思ってしまいました。
隣にあるのはお土産用に買った粉芥子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

岩手にいってみた、平泉編

世界遺産平泉、
調べてみたら岩手県の中でも宮城県との県境に近いところだという事がわかりました。
自分の住んでいる所からでも高速を使えば車で一時間と少しぐらい・・・

ならば、行ってみなければいくまい(`・ω・´)ノ

という事でまたまた岩手県にいきますた。

藤原三代の栄華と義経伝説で有名な平泉は金色堂のある中尊寺、藤原氏が現世に浄土を再現させる目的で造営した毛越寺を中心に色々な平安の遺構が目白押しです。

1403834832096.jpg

そんな平泉を堪能するためにレンタサイクルを使いました。
まずは毛越寺にゴーε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

1403834833332.jpg

1403834834196.jpg

1403834835266.jpg

さすがに見事ですね。年間を通じて色々な行事が行われているみたいです。
お椀に和歌を書いた紙を載せて流す曲水の宴とか見てみたい気がしますが、物凄い人出らしい・・・、ちょっと尻込みしてしまいます。

1403834836311.jpg

次は高館義経堂です。写真の建物は後の時代になって建てられたものらしいですが、かつてこの地には藤原氏の館があり、ここで義経は討ち取られたといわれています。

1403834838399.jpg

芭蕉が「夏草や兵共が夢の跡」と詠んだのもこの場らしく、石碑がありました。

1403834837455.jpg

そしてここから観る景色は絶景でした。
写真手前を流れる北上川の奥の山に「大」の文字がうっすらとあるのですが、わかるでしょうか?
京都の五山の送り火と同じような行事を行っているらしいです。

さて、次はいよいよ中尊寺です(続きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

かえしを作ろう(´▽`)ノ

1403422432492.jpg

お砂糖と醤油とみりんです。

この3つを使って「かえし」を作ります(´▽`)ノ

かえしとは出汁と並んで蕎麦屋さんの味の要のものです。
流儀はお店によって色々あるようですが、要は3つの素材を混ぜて寝かせたものです。

みりんと砂糖をお鍋に入れて火にかけます。お砂糖が溶けたらお醤油を投入、火を通します。コツはこの時に煮立たせてしまわないこと、お鍋の縁がフツフツし始めたら火から下ろします。
陶器の入れ物に入れて寝かすといいらしいのですが、そんなものはないので計量カップに入れます。
あら熱がとれて冷蔵庫で数日寝かしたら完成です。

1403422433467.jpg

さて、このかえしですがこれがあればたいていの和食は網羅できます。
このかえしと出汁の割合を変えて混ぜるだけで煮物から煮魚や蕎麦つゆとかなんでも出来ます。

1403422434280.jpg

肉じゃがっぽい煮物、

1403422435045.jpg

がんもの煮物、

1403422435836.jpg

鯖の煮物です。

全部かえしだけの味付けです。
今後も活躍してくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

山形に行ってみた04

羽黒山に行った後は山形の食を堪能します。

1403352086871.jpg

枝豆に見えますが、一昔前にテレビで紹介されブレイクした「だだちゃ豆」です。
凄く甘味のある豆でとても美味しい(∩´∀`∩)

ちょうど季節でしたのでメニューには山菜料理がたくさんありました。
せっかくですので山菜料理と地酒をあわせていただきます。

1403352091169.jpg

行者にんにくのおひたし、シャッキリした歯ごたえがいいです。
そして名前の通りにんにくの香りがします。サッと炒めたり天ぷらにしても美味しそうだなと感じます。

1403352094746.jpg

そして山形の山菜の代表格、「月山筍」です。
正確にはねがまり竹の筍で、東北全般でとれますが、月山で採れるのを月山筍と呼び、珍重されているみたいです。

食べ方は天ぷらや味噌仕立ての鍋とかが一般的みたい、今回はちょっとひねって筍の丸焼きを頼みました。
皮を剥いてお味噌をつけて丸かじりです。(*'▽'*)ウマー!

1403352099441.jpg

山形独特の「だし」と呼ばれるものを載せた冷や奴、
だしとは香味野菜や薬味をみじん切りにして醤油等で和えたものらしいです。
山形では主に夏の食べ物らしく、蒸し暑い夏を乗り切る為の郷土料理らしいです。

なんかあっさり系の食べ物ばかりですね、歳なんですかね(笑)

1403352101215.jpg

1403352102843.jpg

なんて思いきや、屋台村をハケーン、今度はB級グルメだー\(^o^)/
どんどん焼き、というお好み焼きを箸で巻いた感じの食べ物です。
山形のローカル料理らしいです。
粉物にソースの味なのでわかりやすい味、お酒の後にお腹に溜まる食べ物でした。

1403352104580.jpg

最後は月山のお土産、そばパスタです。
蕎麦粉を混ぜたパスタを月山パスタとして売り出しているようです。
長いパスタは下宿先の台所の関係から取り回しが難しそうなのでショートパスタを購入しました。

1403352105987.jpg

ラタテュイユ(野菜のトマト煮込み)を作ってあわせてみました(´▽`)ノ

それほど蕎麦の感じが強くないからまったくふつうのパスタと同じ感覚で使えますね。
美味しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

山形に行ってみた03

休憩の茶屋を後にして、石段を登りきると、


1403235969419.jpg

ようやく頂上に到着です。


1403235971219.jpg

お目当ての蜂子皇子の御本尊は撮影不可でしたが、拝観すると御守りをもらいました。
御利益あるといいな(∩´∀`∩)


1403235972322.jpg


1403235973661.jpg

今では神社としての扱いを受けていますが、神仏習合の名残なのかな?鐘があったり、先祖供養のための風車があったりします。
ここでは江戸時代には神社にお参りして先祖の供養を行うのが一般的だったとか、

1403235975138.jpg

抹茶をいただきました。
雰囲気も手伝ってとてもおいしかった(*´ω`*)


1403235976141.jpg

こちらは松尾芭蕉の像です。
東北の名所には芭蕉に関わりがあるところが多いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

山形に行ってみた02

失意の月山から下山して・・・
気を取り直して次の目的地に向かいます。

次の目的地は出羽三山のうちの羽黒山です。
月山、湯殿山、羽黒山の3つの山を出羽三山と呼び、修験道を中心とした山岳信仰と仏教とが融合した形で現在に至っています。
三山のうち羽黒山には三山の神様をまとめて祀る三山合神殿があります。
また、この出羽三山の開祖といわれる蜂子皇子の御本尊が明治時代以来の開帳になり礼拝出来るとの事なので、この羽黒山に行ってみようと思い立った次第です。

1403015039420.jpg

でっかい鳥居があります。

1403015040955.jpg

いよいよ参道を登って行きます、頂上までは結構な道のりみたいです。

1403015039420.jpg


1403015040955.jpg

杉の中の石畳の道、雰囲気満点です。

1403015041868.jpg

1403015042986.jpg

国宝の五重塔です。

1403015043908.jpg

石畳の道はかなり急な所もあり、なかなか厳しいです。


1403015045129.jpg

途中で休憩の為の茶屋があったので一休み、

聞けば標高はや414メートル、頂上までの距離は約1.7キロメートルなんだとか、
傾斜がキツイせいか数値より距離があるように感じてしまいます。

では気を取り直して再出発です・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

山形に行ってみた01

長い岩手に行ってみたシリーズの後は山形に行ってみたシリーズです(笑)

今回の目的地は山形にある月山です。
実はこの月山、その存在を知った頃から一度行ってみたいと思っていた場所でした。
月山は出羽三山と呼ばれる霊峰の一つで、春になって雪がある程度溶けるとようやくスキー場がオープンするという山です。

せっかくなので月山でスキーを楽しみ、出羽三山にお参りしようと考え、意気揚々と山形へ出発いたしました。

1402410250444.jpg

1402410249220.jpg

連休明けの5月の景色とは思えない真っ白な世界が広がっていました。

1402410251404.jpg

宿泊先のロッジに到着、ちょうどお昼時だったのてロッジにてカレーを食べました。

しかーし、ここで問題が発生、
折からの強風のためリフトが動かないらしい・・(゚◇゚)ガーン

仕方がないので様子見をしていたら天気はどんどん下り坂、風はおさまるどころか益々強くなり、みぞれ混じりの雨が降り出す始末・・・、

こんな中外に出たら遭難は必至、もうふてくされて部屋の中で3DSでモンハンやってました\(^o^)/

まあ、取りこぼしていた「団長からの挑戦状」がクリアできたけど・・・、やりたかったのはそんな事じゃないんだよ・・・( ノω-、)

1402410252241.jpg

美味しいロッジの晩御飯、山菜の天ぷらに地酒が美味・・・、
なんだけどやっぱりちょっと物足りない感じ・・・(´・ω・`)

結局、翌日になっても天気は一向に回復せず・・・

1402410252989.jpg

滞在出来る時間いっぱいまで粘りましたがずっとこんな感じて仕方なく下山することにしました。+゚(゚´Д`゚)゚+。ウワーン

下山したらまた天気が良かったのが余計に憎らしかったです。

見てろよ月山、いつかまたリベンジに来てやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

岩手に行ってみた、おまけ

長くなってしまった岩手に行ってみたシリーズですが、とりまこれで最後です。


1402320908253.jpg

盛岡市内にある石割桜です。残念ながらすでに葉桜でしたが確かに石の間から幹があるのが見えます。自然の力は凄い。


1402320909396.jpg

こちらも盛岡市内にあった石川啄木の住んでいた家です。
新婚時代に住んでいた家なんだとか、

1402320910160.jpg

見学自由でしたので入らせていただきました。

1402320911140.jpg

夜の居酒屋にて、岩手のお酒の飲み比べセットです。どれも美味しい(*´ω`*)

1402320912097.jpg

お酒の後は麺類でシメです。
盛岡名物、じゃじゃ麺です(´▽`)ノ
はじめは特性の味噌を絡めて麺を食べ、その後は鶏ガラ主体のスープと卵を入れて食べます。
元々は中華料理の炸醤麺が発祥なんですが、見事に独自の進化をしていますね。

1402320913038.jpg

最後は小岩井農場で買ったお土産です。
チーズ二種と牛肉ソーセージです。
特に写真真ん中のチーズは焼いても溶けないチーズで独占の歯ごたえがあります。

1402320913989.jpg

普段よりちょっぴりだけ高いワインを購入して楽しみました( ´艸`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

岩手に行ってみた05

岩手に行ってみたシリーズ次の目的地はこちら、


1402225500242.jpg

小岩井農場、(・∀・)キター

小岩井の牛乳やバター、ヨーグルトは私の地元のスーパーでも買えます。ちょっと高いけど品質はいい、という印象です。
どんなところで作られているか一度見て見たかったのです。

岩手の県庁所在地である盛岡市から車で30分もかからない近場に3000ヘクタール以上の土地を所有して酪農や林業を行っています。


1402225501264.jpg

牛さんいっぱい(*´ω`*)
なんか建物が古く見えますが、この建物は創業当時からの牛舎なんだとか、新しい設備の牛舎もありますが、衛生の問題から特定の見学コースを申し込みしないといけません。

1402225502319.jpg

牛乳です。この牧場でしか飲めない特別なものらしいです。めちゃ((((*゜▽゜*))))ウマー
。生クリームかと思うぐらい濃厚、スーパーのパックの牛乳はなんなの?と思うほど別物でした。

1402225503150.jpg

お昼に食べたオムライス、一個百円という破格の値段で売っている小岩井の卵を使い、ライスは牛乳を使って炊き上げているそうです。当然と言えばそれまでですが、これもウマー((((*゜▽゜*))))でした。

1402225503975.jpg

トラクター列車に乗って園内の一部を見れるというツアーがあったので参加してみました。

1402225504769.jpg

ただの原っぱに見えますが、牧草を育てている立派な畑です。

1402225505659.jpg


こちらは林業の現場、帯状更新という独特のやり方を実践している現場です。
この事を話し出すと別のエントリとしてのボリュームが必要なので、今回は写真のみにします。

1402225506428.jpg

1402225507144.jpg

最後はこれ、小岩井農場の春の名物、「一本桜」と呼ばれるエドヒガン桜です。
牧草畑の中にあるから近くにはいけませんが、岩手山をバックにしたその姿は素晴らしいの一言でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »