« ブーダンノワール | トップページ | カヤックネタ4連(その2) »

2013年12月16日 (月)

カヤックネタ4連(その1)

気が付けば前回のエントリからはや1ヶ月近く・・・・・(;^ω^)

ちょいと気を抜くとあっという間に月日が流れる・・・、まさに光陰矢の如し・・・ってちょっと使い方が違うかな・・・。

とりま、おっかけでこの1ヶ月間のカヤックネタを披露します。

Pb170199_r

11月中旬の大歩危峡の様子・・・

紅葉と川の水の対比が綺麗ですね。この日は紅葉目当ての観光客がすごく多かった。観光遊覧船の駐車場は大型バスでいっぱいでした。

そんな中、私たちは大歩危ショートコースにスタートです。

Pb170182_r

穏やかな天気でしたので、11月中旬とはいえかなり過ごしやすかった。

とりあえず今回は豊永下段の映像をアップします。

ここは水が減ると最後の落ち込みがキーパーホールになるので流れの右ベタを通るか、左の岩横をドロップするコースを行くのが定番です。

私はチキンなのでいっつも右ベタを通ります。

ただ、この右ベタラインは浅いところを通るので万が一ひっくり返ると川底の岩で怪我をするという危険があります。

さて、水が減ってきた時の大歩危ショートコースは私たちが岩横ホールと呼んでいるところと三段のホールが遊びのスポットになることが多いです。

特に岩横ホールは右回転オンリーしかできませんが、比較的マイルドなホールなので私のようなヘタレにはうってつけの遊び場です。

私はここでスピンの練習をしているのですが、BFC(歩危ファンクラブの略)隊長からもっとバウを刺しなさいとアドバイスを受けました。

え?刺すの・・・Σ( ゜Д゜)!

私個人的にはバウを刺すのはフラットスピンができるようになってからだと思っていたのですがいいのかな・・・・・・

見よう見まねでやってみます・・・・

私の変な声入ってます・・・・(/ω\*)

意外と声拾うのねこのカメラ・・・・・・

この時1回だけでしたがなんかちゃんと回転したような・・・・・・チガウカナ?

見よう見まねでもチャレンジしてみるのも大切だなと・・・

その後三段へ移動

Pb170192_r

こちらは水が減っているとはいえ大歩危屈指の瀬なので結構パワーがあります。みなさんループねらいでバンバン飛びます。

そんな中での会話のひとコマ

「水が少ないから刺したら岩にあたる・・・」

「なんかバウがちょっと変形してるし・・・」

「ジャクソンは柔らかいよね~」

「ダガーは硬いよ~、ウエーブスポーツも硬いかな」

(私・ウエーブスポーツですが硬いとか云々の以前にそこまで刺せません・・・・)

見事にオチがつきました(笑)

|

« ブーダンノワール | トップページ | カヤックネタ4連(その2) »

コメント

岩横も三段もスピンはに結構難しい形なので、
「あっ!こうするんだ~」の理解を掴みにくいんだよね
むしろカートの方が掴みやすい形と思います。
だから隊長は「挿しなさい」と言ったんだと思います。

昨日の元セイアホール(生コン工場の下ね)はスピンの練習には最高の形です。
あまりエッジ入れないフラットが要求されるスポットなんで
意識するポイントが少ないため理解しやすいと思います。
左右可能なのであそこでガンガン練習しましょう。

投稿: nalu-awa | 2013年12月16日 (月) 23時14分

>naleさん。

コメントありがとうございます。
やっぱり岩横・三段はスピンには難しいところなんですか・・・
これからは私も挿してみますね、腰を傷めないように・・・(笑)

セイアホールはよかったですねえ、
年内は私は無理ですがまた新年から宜しくお願いします。

投稿: 土星人 | 2013年12月18日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/58768289

この記事へのトラックバック一覧です: カヤックネタ4連(その1):

« ブーダンノワール | トップページ | カヤックネタ4連(その2) »