« さらに倍ww | トップページ | カヤックネタ4連(その1) »

2013年11月21日 (木)

ブーダンノワール

ブーダンノワール
ブーダンノワール
ブーダンノワール
カヤックネタが続いたので、ちょっと違うネタを・・・

少し前にのりこねしたビストロでの料理達です。

このお店はクラッシックな感じの料理が多く個人的に結構お気に入りなお店てす。

まずは前菜で頼んだ牡蠣のオイル漬けです。

昔、漫画「美味しんぼ」で生牡蠣は白ワインに合わないなんて話がありましたが、この牡蠣はオイル漬けのせいかワインがすすみます(笑)
(単に私が酒のみなだけなんでしょうね、爆)

そして写メ2枚目今回のお店訪問の目的、「ブーダンノワール」です。

ブーダンノワールとは豚の血をつかったソーセージです。

血を使っているので見た目は真っ黒なソーセージです。

肉食の文化が長い所は必ず血を使った料理や食材があるものらしいですが、血を使った料理というと日本人にはあまり馴染みがないんじゃないかと思います。

なのでこのブーダンノワールは海の向こうではビストロの定番メニューなのですが、日本ではメニューにラインナップされているところはちょっと少ないと思います。

写メにあるノワールの下に敷かれてあるのはリンゴのコンポート、シロップ煮、です。

ブーダンノワールにはリンゴのコンポートやピューレといった甘いフルーツを添えるのが定番です。

血を使ったソーセージに甘い果物?

日本人の感覚ではちょっと不思議な感じがしますが、これがまたいい感じなんです。

そしてこの料理合わすワインは重めの赤ワインが定番です。

お店お薦めのビオワインをいただきました。

ウマー、ヽ(゜Д゜)ノ

個人的にツボでした。

ワインがすすむすすむ(笑)

ボトル一本があっという間でした(爆)

そして写メ三枚目はメインとして頼んだスコットランド産の山鳩のローストです。

うーん、今回は野性味たっぷりですね。ジビエ、ジビエ(*^▽^*)

これもとても美味しかったです。

久しぶりに堪能いたしました。

|

« さらに倍ww | トップページ | カヤックネタ4連(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/58618534

この記事へのトラックバック一覧です: ブーダンノワール:

« さらに倍ww | トップページ | カヤックネタ4連(その1) »