« MH4 | トップページ | 増水の小歩危02 »

2013年10月13日 (日)

増水の小歩危

なんか1ヶ月以上エントリを書いてなかったような気が・・・・・(;´д`)トホホ…

ネタがないわけではなかったのですが、なんか・・・こう・・・、モチベがなくなっちゃってました・・・・・

でも今回は一大イベントでしたから頑張って書きます。

本日のカヤックは小歩危です。

いつもの集合場所に行ってみたところ、「今日は小歩危にいってみたい」という話が・・・・・

小歩危(こぼけ)は四国吉野川流域では最大の難関コースです。

しかも本日の水位は豊永1.5m・・・・・・ってマジすか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ラフトのツアーも中止になる水位です。

吉野川の大歩危・小歩危の区間は水量が多くなると、ビッグウォーターの形容がぴったりの様相になります。

流速はとても早い上、岩に当たった大量の水は壁のようなウエーブやピローを作り出し、カヤックを翻弄します。なのでカヤックをきちんとコントロールしないとあっという間にひっくり返されて流されていきます。

ただ、幸いというか水が多いため沈しても水中の岩に当たるなんて可能性は少なくなります。(それでも水の中は何があるかわからないのでできるだけひっくり返らないことにこしたことはない)

また逆に水量が少なくなるとカヤックのコントロールはやりやすくなりますが、水が減ったことにより岩が出てきてまた別の危険性が出てきます。

自分は冬場の水が減った小歩危は2回ほど経験がありますが、夏水量・・・しかも増水・・・の小歩危はやったことありません。

基本ビビリの私なので、「今日は大歩危でお願いします」というところなのですが、何故か出た言葉は「じゃあ腹くくりましょうか・・・・」、←オマエナニイッテルノΣ( ̄ロ ̄lll)

結局この一言が決定になって本日は小歩危コースとあいなりました。
(今にして思えばあの時なんであんな言葉を言ってしまったのが・・・・・、魔が差したとしか思えない・・・・・)

Pa130104_r

まずはスタート直後の小さなウエーブで軽く体をうごかします。

10月も半ばですが、天気も良くて気持ちがいいです。

小歩危には「鉄橋」、「森囲い」、「2段」、「大滝」、「曲がり戸」、「鮎戸(アド)」と呼ばれる大きな瀬があります。

鉄橋の瀬は、逃げました・・・(笑)

増水のおかげでメインルート以外のチキンコースを行くことができました。

森囲い、前の人のルートを必死にトレース、ここは通称「ナイアガラ」という超巨大ホールがあるのでそこに入らないよう必死でした。

他の波に煽られ沈しましたが、リカバリーできてなんとかパスできました。

2段の瀬、普段なら右ルートなのですが、この水量なら左ベタを行くようにと言われ、沈しつつもなんとかパス。

Pa130105_r

瀬を下りきったところでの写真、白飛びしちゃうほど水しぶきと泡・・・・・

Pa130108_r

2段の瀬はラフトがよくサーフィンする場所ですが、カヤックもいけます・・・・・、いや、私は絶対ムリ、(ヾノ・∀・`)ムリムリ

大滝の瀬、ここはスカウテイングをします。

あの~、ルートが見えないんですけど・・・・(私の心の声)

「右ルートで行って、あそこの岩に水があたってできてるでっかいピローに当たって、沈したらロールのセットをしてそのまま下る」

沈するのが前提ですか・・・・(;´д`)トホホ…

一瞬、ポーテージしようかとも思ったのですが、頑張ってアタック。

ちゃんと所定の位置で沈してセットしたまま下れました(笑)

Pa130109_r

下ったところから見返した大滝。

で、この後は個人的に小歩危で最大の難所と思っている曲がり戸、そして小歩危コースのメインデイッシュと言われる鮎戸と続くのですが、分量が長くなりそうなので次のエントリに移行します・・・・・・

|

« MH4 | トップページ | 増水の小歩危02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/58379690

この記事へのトラックバック一覧です: 増水の小歩危:

« MH4 | トップページ | 増水の小歩危02 »