« アヒージョo(^-^)o | トップページ | 完成(´∀`) »

2012年11月20日 (火)

シュークルート

シュークルート
シュークルート
シュークルート
今回もお料理エントリー(*゜▽゜)ノ

ちょっと久しぶりに料理熱が高まってます。

今回のお題は「シュークルート」

酸味の効いたキャベツの漬け物に野菜やベーコン、ソーセージ等を添えたビストロの定番料理です。

ちなみにシュークルートはフランス語での呼び名、ドイツ語ではザワークラフトと言います。

こっちの呼び名の方が日本では有名かな?

この料理のキモはなんといってもキャベツの漬け物をどう作るかにかかっています。

酸っぱい味がすることから酢漬けかと思われがちですが、本当のシュークルートは乳酸菌による自然の発酵によって酸味が出ています。

そのため本格的に作ろうとしたら、発酵に何日もかかります。

今回は発酵の変わりに酢を使って作る即席レシピをプロの方がネットで紹介していたので、それを元に挑戦です。

まずは、キャベツをザクザクと切って塩を振ってしばらく置いて水を出します。

キャベツから出た水は捨てて、さらにキャベツを絞ってよく水を切ります。
絞ったキャベツを水と酢を合わせた漬け酢に入れて、一晩置きます。

この時、適当にスパイスを入れてもいいです。

さて、一晩時間を使うのでついでに塩豚も用意して、シュークルートの付け合わせにしたいと思います。

一晩おいたキャベツは、漬け汁ごとお鍋に入れて、弱火でコトコト30〜40分程煮て完成です。

私は面倒くさがりなので、付け合わせの野菜類も一緒に鍋に放り込んで蒸し煮にしてしまいました(笑)

塩豚もソテーして盛り付けて完成です。(*^▽^*)

このシュークルート欧米各地に似たような料理がたくさんありますが、一番有名なのはアルザス地方のシュークルートでしょうか。

辛口の白であるアルザスワインとシュークルートの組み合わせは最高であると色々な所で言われていますが、

アルザスワインは高かったので、たまたま安売りしていた白ワインで代用てす、σ(^_^;

おうち料理としてはまずまず出来?
←自画自賛コラコラ

|

« アヒージョo(^-^)o | トップページ | 完成(´∀`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/56153451

この記事へのトラックバック一覧です: シュークルート:

« アヒージョo(^-^)o | トップページ | 完成(´∀`) »