« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

東京行き02

さて、今回の東京行きで行ったもう一軒のお店の紹介です。

もう一軒は「ルカンケ」というフレンチのお店です。

フレンチの中ではビストロにジャンル分けされるお店だと思います。オレンジ色を使った温かみのある店内でした。

このお店はコースもあるけどアラカルトで料理を楽しんだ方がいい、とネットでの評判でしたのでアラカルトで食事を構成してみました。

P1010035_r

アミューズです。グラスの中に敷き詰められたクスクスに刺さっているのは「じゃがいものサブレ」だそうです。マッシュしたジャガイモに小麦粉を加えて薄くのばして焼いたのでしょうか。サクサクとおいしかったです。

P1010036_r

こちらは供されたパンです。隣りの小さなココットに入っているのはタプナードと豚肉のリエットです。ともにパンによくあっていました。私の場合これだけでワインがすすみます(笑)

ちなみに今回はワインをボトルで頼んでみました、赤のブルゴーニュの地区名ワインです。私の予算ではこのあたりが精一杯・・・汗

P1010038_r

前菜はフォアグラのポワレです。フォアグラの下にあるのは栗の入ったリゾットです。

フォアグラ、好物なんですよねえ・・・、単価もカロリーも高いのですけどついつい頼んでしまいます。

塩味の効いたフォアグラのポワレに栗の甘みが効いたリゾットの組み合わせがおいしかったです。これまたワインがすすみます・・・(笑)

P1010040_r

こちらはオニオングラタンスープです。ビストロスープの定番中の定番メニューですね。オニオングラッセが、これでもか、というぐらい入っていましてとっても濃厚でした。

この日は少し肌寒い夜でしたのとっても温まりました。

P1010042_r

そしてメイン料理です。これまたビストロ料理の定番であるシュークルートです。

真ん中のおっきなソーセージは自家製との事。実は私、シュークルートは今回が初めてでした。

フランスはアルザス地方の郷土料理で、この料理には同じアルザス地方の白ワインがベストマッチ、と言われているのですが、

すでにワインはボトルで赤を頼んでしまっています・・・・・・、メニューの組み立てが下手ですね、私。ちょいと反省です。

P1010045_r

デザートはタルトタタンをいただきました。りんごの季節というのもありますが、タルトタタンは個人的にもよく作るのです。ただ、なかなか満足いくものが作れなくて、こういうお店で見かけるとついつい頼んで研究対象にしてしまいます(笑)

酸味の効いたタルトタタンで一緒に添えてあるアイスクリームと一緒に食べるのがいいですね。

小さなお店ですが料理はしっかりとした印象でした。メニューにはその他たくさんのビストロ定番料理が並んでいましたので、次にくる時はほかの料理を食べたい、と思わせるお店でした。

また行ける機会があったらいいなあ。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

東京行き

このたび、所用で久しぶりに東京に行ってまいりました。

なので久々に遠出の食べ歩きのエントリです。

行ったお店は築地にある「清壽」という天麩羅店です。

個人的な印象ですが、天麩羅の専門店というのは東京が本場、みたいな印象をもっています。

土星人の地元では天麩羅一本でやっているお店はないと思います。

池波正太郎氏のエッセイ等ででてくる天麩羅の記述がとてもおいしそうで、自分も一度天麩羅専門店で食事をしてみたいなあと常々おもっていました。

この清壽さんがちょうど宿泊していたホテルからほど近いところとの情報を得たので行ってみることにしました。

P1010018_r

一人の席はこんな感じです。画面奥のお皿に揚がりたての天麩羅が供されます。
(ちなみに写真の天麩羅はキスです)

お盆の中の真ん中にある取り皿にとっていただきます。天つゆ、塩どちらも用意されており、お客の好みで好きな食べ方ができます。

このお店はソムリエがいて、下手なフレンチに負けないぐらい充実したワインをそろえているというのが一つのウリみたいなのですが、今回は素直に日本酒をいただきました。

日本酒も菊正宗や神亀等おいしいのがそろってました。

P1010015_r_4

P1010020_r

今回はちょうど季節だからと特別に松茸入りのコースがあったので迷わずそちらをオーダーしました。

松茸は鱧のすり身をカサの裏側に抱かせて揚げてました。途中の箸休めにも松茸と青菜の炊き合わせが出て松茸を堪能できました。

P1010011_r

どの写真もそうですがフラッシュなしなのでボケているのはご容赦を・・・・・・。

品数は14程だったでしょうか、魚介類、野菜ともにとってもおいしかったです。個人的には写真のレンコンがよかったです。とってもサクサクした食感でした。

P1010031_r

〆は貝柱のかき揚げをのせた天茶です。

貝柱のかき揚げは江戸の味として上記池波正太郎氏の小説やエッセイに幾度となくでてくるのですが、私の地元では食べることができなくて、今回初めて食することができました。

ちょっと感激でした。

初めての天麩羅専門店、とってもおいしかったです。

今回の東京行きではもう1軒お店に行っています。そちらは次回のエントリにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

HR999になった


Amarec201110202101avi_001250949

HRが999になるための試験をクリアいたしました。

ルーツソロ討伐というお題なのですが、火大装備で渇愛でひたすら切っていたら終わるという感じでしょうか。

思えばHR500になるまではのんびりやってましたが、500を超えてSRを取得してからはここまでかなり駆け足であがって来たようなきがします。

イベントで配信されるたっぷりクエをかなりやりましたからねえ・・・、

しかもF2になったらこんなイベントまで

http://xbox360-members.mh-frontier.jp/information/news/info/4851.html

ゴゴ登場記念で「5」のつく日はたっぷりクエ配信・・・・・・ってスーパーの特売日ですか\(;゚∇゚)/

まあしっかりネカプレつっこみましたけどね(爆)

おかげで私も立派なプレンジになりました←オイオイΣ⊆(・∀・⊂⌒つ

さて、前回で悩んでいた弓装備ですが、ちょいと新しい装備をつくってみました。

Amarec20111023203136

MHSX2 装備クリップ ガンナー(女)

武器スロットなし
猟団員の証【遠撃】    (猟)  Lv7   57  ●●● 剛力珠, 怪力珠, 毒瓶珠G
ロバストFスキン      (BP8) Lv7  120  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ブレオFアーム      (伝祭) Lv7  108  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ロバストFテイル      (BP8) Lv7  104  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ブレオFグリーヴ     (伝祭) Lv7  121  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
服Pスロット2                    ★★  通弾強カフPB1

防御値:510 スロット:■0□0●15○0 火:4 水:4 雷:4 氷:4 龍:4

攻撃力UP【特大】,見切り+5,火事場力+2,早食い,ランナー
連射,通常弾・連射矢威力UP

火力特化装備です。

弓で魂集めるならトトス、ザザミ、パリアあたりが主になるかなあ、と思いまして、なら耳栓いらないし思い切った装備にしたらどうだろうかと組んでみました。

今は装飾品でG珠がありますから、珠とカフの付け替えで各弾種の弓にも対応できます(あんまり意味なさそうですけど)

でも青基調で見た目の統一感もあって個人的には気に入ってます(遠撃に必要な猟団チケ集めがきつかった・・・)

さあこれで魂集めするぞ~(*゚▽゚)ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »