« 東京行き | トップページ | 東京行き、おまけ »

2011年10月31日 (月)

東京行き02

さて、今回の東京行きで行ったもう一軒のお店の紹介です。

もう一軒は「ルカンケ」というフレンチのお店です。

フレンチの中ではビストロにジャンル分けされるお店だと思います。オレンジ色を使った温かみのある店内でした。

このお店はコースもあるけどアラカルトで料理を楽しんだ方がいい、とネットでの評判でしたのでアラカルトで食事を構成してみました。

P1010035_r

アミューズです。グラスの中に敷き詰められたクスクスに刺さっているのは「じゃがいものサブレ」だそうです。マッシュしたジャガイモに小麦粉を加えて薄くのばして焼いたのでしょうか。サクサクとおいしかったです。

P1010036_r

こちらは供されたパンです。隣りの小さなココットに入っているのはタプナードと豚肉のリエットです。ともにパンによくあっていました。私の場合これだけでワインがすすみます(笑)

ちなみに今回はワインをボトルで頼んでみました、赤のブルゴーニュの地区名ワインです。私の予算ではこのあたりが精一杯・・・汗

P1010038_r

前菜はフォアグラのポワレです。フォアグラの下にあるのは栗の入ったリゾットです。

フォアグラ、好物なんですよねえ・・・、単価もカロリーも高いのですけどついつい頼んでしまいます。

塩味の効いたフォアグラのポワレに栗の甘みが効いたリゾットの組み合わせがおいしかったです。これまたワインがすすみます・・・(笑)

P1010040_r

こちらはオニオングラタンスープです。ビストロスープの定番中の定番メニューですね。オニオングラッセが、これでもか、というぐらい入っていましてとっても濃厚でした。

この日は少し肌寒い夜でしたのとっても温まりました。

P1010042_r

そしてメイン料理です。これまたビストロ料理の定番であるシュークルートです。

真ん中のおっきなソーセージは自家製との事。実は私、シュークルートは今回が初めてでした。

フランスはアルザス地方の郷土料理で、この料理には同じアルザス地方の白ワインがベストマッチ、と言われているのですが、

すでにワインはボトルで赤を頼んでしまっています・・・・・・、メニューの組み立てが下手ですね、私。ちょいと反省です。

P1010045_r

デザートはタルトタタンをいただきました。りんごの季節というのもありますが、タルトタタンは個人的にもよく作るのです。ただ、なかなか満足いくものが作れなくて、こういうお店で見かけるとついつい頼んで研究対象にしてしまいます(笑)

酸味の効いたタルトタタンで一緒に添えてあるアイスクリームと一緒に食べるのがいいですね。

小さなお店ですが料理はしっかりとした印象でした。メニューにはその他たくさんのビストロ定番料理が並んでいましたので、次にくる時はほかの料理を食べたい、と思わせるお店でした。

また行ける機会があったらいいなあ。








|

« 東京行き | トップページ | 東京行き、おまけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/53130912

この記事へのトラックバック一覧です: 東京行き02:

« 東京行き | トップページ | 東京行き、おまけ »