« ベトナム旅行記2 | トップページ | プロジェクトX »

2011年3月28日 (月)

ベトナム旅行記3

今回も引き続き、ベトナム旅行で食べたものの紹介です

ご存知のとおり、ベトナムはフランスに植民地支配されていた時期がありました。そしてその地理的関係から昔から中国とも関係が深いです。

そんなせいかどうかはわかりませんが、ホーチミンにはフレンチや、中華料理、日本料理等々たくさんのお店があって、お店を選ぶのに迷うほどです。

しかもいわゆる、なんちゃって和食、なんちゃってフレンチ、なんかではなく結構本格的でおいしいお店が多いという印象をうけました。

P1010051

こちらは中華のお店でいただいたお魚の姿揚げです。水槽のなかで泳いでいる活けの魚介を調理法を指定していただくという贅沢なスタイルのお店でした。

日本は当然ながら、英語もほとんど通じないお店でしたので(もっとも英語もしゃべれませんが・・・(^^;;)何という魚かはわかりません(笑)

多分、ハタ科の魚だと思うのですけど・・・、さすがに高級魚のネズミハタではなかったようですが、白身のおいしいお魚でした。

Dvc00544

こちらは日本料理のお店でいただいた巻き寿司です。

マグロ、エビ、イカ、アボガド等たくさん入った具沢山でおっきい巻き寿司でした。肝心の味ですが、十分日本でも通用する味だとおもいます。

フレンチ系は行けなかったのですが、洋風なところではベトナム戦争以前からやっているというバーに行ってみました。

カラベルホテルというホーチミンを代表する高級ホテルの屋上に「サイゴンサイゴンバー」という名前のバーがあります。

話はちょっとそれますが、ホーチミン市は昔はサイゴン市と呼ばれていました。ベトナム戦争後に名前が変わったのは周知の事ですが、私はてっきり市が名前を変えた時にサイゴンという呼び名はなくなったのかとおもっていました。

しかし市内には「サイゴン」という名前を関したお店や、会社等たくさんありました。

ちょっと気になったのでこれもネットで帰ってから調べたのですが、「サイゴン」という名前の由来は諸説あるみたいですが昔からの呼び名なので地元の人たちは愛着のあるサイゴンという呼び名を使っている場合も多いという事みたいです。

さて、話は戻ってサイゴンサイゴンバーですが、綺麗な夜景にサルサの生ライブが聞ける素敵なお店でした。

P1010054

バーから眺める夜景です、コンパクトデジカメで撮ったのでブレまくっているのはご容赦を・・・

P1010061

こちらは私が注文したマテイーニです。写真だとわかりにくいのですが、日本で飲む普通のショートカクテルグラスに比べて3倍以上はあろうかというビッグサイズwww

マテイーニでこのサイズなら1杯でへべれけじゃん、なんて思ったのですが、いざ飲んでみたら・・・

薄い・・・、アレレレ!?(・_・;?

マテイーニのはずがジントニックのようにぐいぐい飲める薄さでした(マズイわけではなかったです)。

びっくりしましたが、屋上で空調もないお店なので飲みやすさを優先しているのだろうと、勝手に自己解釈いたしました(笑)

カクテルにはびっくりしましたが、雰囲気抜群のお店で良い時間を過ごす事ができました。

またホーチミンに行く機会があったらまた行きたい所ですね。

|

« ベトナム旅行記2 | トップページ | プロジェクトX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/51241880

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム旅行記3:

« ベトナム旅行記2 | トップページ | プロジェクトX »