« うさ丸はたるみがほしいな(BlogPet) | トップページ | 近所の鳥さん »

2007年12月18日 (火)

ミシュランガイド

発売からしばらくたち、一時のお祭り騒ぎも下火になってしまいましたが、

ようやっと届きました、ミシュランガイド東京版。
(四国の田舎でこんな本を買う物好きはいないのでしょうね、地元の本屋にはどこにもなく結局アマゾンで通販しました。)

早速目を通してみます。

一言で言ってしまうと

「普通のガイド本となんら変わらんなあ」

でしょうか。

Dsc01034 中味はこんな感じです。
ちょっと写真が大きすぎるかなあ。コメントもこれといって特徴はなく、平凡な感じです。
ちなみにページは三ツ星の「ロオジエ」です。

 

フランスで発行されているガイドにはお店の写真はないらしい(すみません、見たことないんです、翻訳本もあるらしいのですが)、さらにコメントも辛口が多いとの事なので、この東京版はいろんな意味で本家と違ったガイドになっているようです。

一般に受け入れやすいように間口を広くしたか、路線変更なのか、東京版のみが特別なのか・・・。

でもって肝心のお店なんですが、和食やお鮨のお店が入っているとは聞いていましたが、鉄板焼や天ぷら、ふぐにうなぎに中華、はてはそば懐石(びっくり)までいろんなジャンルを網羅していました。

範囲広げすぎのような気がしますが私だけかな?

個人的にはフレンチに絞って(イタリアンは加えても可かな)、日本の各都市のフレンチのお店を評価して欲しかったです。

ちなみにガイドによると星は純粋な料理の評価らしいです。

で、星とは別に快適度なるものを示す指標もあります。まあサービスの評価でしょうね。

鮨屋さんなんかはこの評価が軒並み低いです。三ツ星の鮨屋「すきやばし次郎」もこっちの評価は1つです。(こっちの評価は5段階です)

まあ、お鮨屋さんの雰囲気は独特ですからね、あれは日本だけだろうなあ。
(ちなみにラーメン屋さんの雰囲気も独特ですよね、この二つの雰囲気は同質なものだと個人的に思っているのですがどうでしょうか)

一部では評価基準があいまいとか色々言われていますが、まあ沢山あるガイド本の一つと思えばいいのだと思います。

ガイドはあくまで目安、結局は自分の好みなんですから。

最後にちょっとだけ自慢させてください今回ミシュランガイドに掲載されたお店で私が過去に行ったことあるお店を上げてみます。

「ロオジエ」 フレンチ 三ツ星

「ジョエル・ロブション」 フレンチ 三ツ星

「ブノワ」 フレンチ 一ツ星

「分とく山」 和食 一つ星

掲載店で行ってみたいのは「ピエール・ガニエール」(フレンチ・二ツ星)ですね。

Dsc01033

|

« うさ丸はたるみがほしいな(BlogPet) | トップページ | 近所の鳥さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/17408267

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランガイド:

« うさ丸はたるみがほしいな(BlogPet) | トップページ | 近所の鳥さん »