« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

釜山旅行記03

相変わらず続いているだらだら旅行記ですが、三日目はただ帰るだけだったのでこれといってネタがありません。

穴埋め、というわけではありませんが、今回は韓国の色々な屋台を紹介したいと思います。

Busan14 韓国では繁華街には必ずといっていいほど屋台が出ています。それもすごい数が。
生活必需品から服類等、そしてなんといっても食べ物です。土星人はこの屋台で買い食いをするのが大好きなのです。
そんな中から日本人でもいけそうなものをピックアップしてみます。

 

Busan19 これは細切りにしたさつまいもを油で揚げたもの。
日本でいうと芋ケンピですね。

 

 

 

 

Busan20 これはお汁粉です。日本の物と変わらないような気がしました。
あと、甘酒もありましたね。

 

 

 

Busan16 土星人の好物「ホットック」です。これはナッツ類をまぶしたニューバージョンです。
美味しかったです。

 

 

 

Busan15 ちょっと見にくいかもしれませんが、ジャガイモをらせん状にむいて串に刺して油で揚げたいわゆるフライドポテトですね。
形が面白いです。

 

 

 

Busan17 定番屋台の一つ、天ぷら屋台です。
韓国らしくとうがらしの天ぷらなんかがあります。
この天ぷら屋台、人気のあるお店は行列が出来ます。

 

 

 

Busan18 正式名称はわかりませんが、日本でいうところのカルメラ焼のようなものです。
懐かしくて思わず一つ購入してしまいました。
しかし、大きすぎ、味も苦味が強いように感じました。
すぐに割れちゃうので食べにくかったです。

 

 

Busan21 なんと日本のたこ焼きも見つけました。ちゃんと同じ作り方してましたね。
個人的感覚ですが、釜山の屋台はソウルのそれより種類が多いように感じました。

 

 

 

その他、定番の「チヂミ」や韓国式の餃子、韓国式海苔巻き、をはじめ、フレッシュフルーツをその場でジュースにしてくれるスタンド等、そりゃ多数の屋台があって私のような人間には楽しいかぎりでした。

お酒を出す屋台とちがってこういう屋台ではぼったくられることはまずないから皆さんも機会があれば挑戦してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

釜山旅行記02

本日は釜山旅行の2日目の報告です。

朝、3000ウオンの豆腐チゲ(ご飯付き)を食べながら本日の予定を考えます。

釜山には昔から温泉が湧いているところがあり、今そこは一大浴場になっているとの事らしく、その温泉につかりに行くことにしました。

地下鉄に乗ってその名も「温泉場(オンセンジャン)」という駅で降ります。

ここには日本で言うところのスーパー銭湯のような施設がたくさんあるらしいです。

私たちはその中でも一番メジャーな「虚心庁」という総合温泉施設へと入りました。

この「虚心庁」温泉施設なんですが、日本のスーパー銭湯や健康ランドの比じゃありません。

まずはその規模、入り口はホテルのロビーそのもの、二階には結婚式場があり、3階からが温泉施設でした。おかげで私はてっきり高級ホテルに併設された温泉施設だと思い込んだんですが、ちがってました。
建物そのものが温泉施設だったんですね。うーん、すごい。

食堂やカラオケといった定番施設だけでなく、エステやジムまで入っています。

(もしかしたら、日本でも都市部にはこうした巨大な銭湯があるかもしれませんが、私の住む田舎にはありませんので・・・、)

受付をすましていざ浴場へ、

ちなみに男湯は「善男湯」と看板がありました。自称「悪オヤジ」の土星人は入れないのかなあとくだらない事を考えながら服を脱ぎ、ロッカーへ入れます。

この辺の行動は日本の銭湯と同じです。

浴場も日本の銭湯のイメージです。ただ、大きな施設なので異常に広いです。色んな湯船があり、サウナも色々沢山ありました。
ベンチで寝ているオッサンがごろごろしているのも日本の銭湯と変わりません(笑)

唯一、違うのは韓国らしく浴場の一角にアカスリのコーナーがあることです。

韓国といえば韓国式エステとかでアカスリをやりますが、地元ではエステとは別にこうしたお風呂でアカスリをするのが一般的みたいです。

ちなみに土星人、アカスリ体験したことがありません、せっかくですので挑戦してみることにします。

しかし、ここはエステ施設ではなく地元の人が大半の大衆浴場、素敵なエスティシャンがいるわけでなく、アカスリコーナーで待っていたのは屈強なガタイのにーちゃん達でした(笑)

そのにーちゃんが手に巻いたアカスリ用のタオルで「ふんっ!ふんっ!」って感じで擦ってくれます。

始めは痛さでのたうちましたね(笑)。

こうしてアカスリをしたあとはついでにマッサージもしてもらいました。

これまたサービスなのか、それともこれが普通なのかわかりませんが、にーちゃん達が力いっぱいやってくれるモンですから、これはマッサージではなく実は関節技をかけられてるのでは?と思うような場面も多々ありました。
終わったらなにやら魂が吸い取られてしまって抜け殻になったようでした。

しっかしこの後のビールの美味しかったこと。韓国のビールはバドワイザー的な軽めのビールなので、きゅーっと1本あけてしまいました(笑)

Busan10

近くには足湯の施設がありました。誰でも無料で利用できるそうです。
挑戦してみたかったのですが地元のじーさん、ばーさんたちで一杯でした。

 

さてさて、その日の晩はいかにもというような大衆的なお店でホルモン焼を食べました。

Busan12

昔はこんなとこ日本にもあったなあと思わせる雰囲気です。
ここは炭で焼くのがウリなので煙がもくもくでした。

 

 

Busan11

韓国で今まで食べたホルモンは何故かテッチャンに脂身がついてないお店が多かったのですが、ここはちゃんと脂身がついています。
お店のオモニ(おかーさん)が焼きながらはさみでジョキジョキと切っていきます。


 

ここは雰囲気満点のお店でした、ホルモンもなかなか美味しかったし。でも内臓系がダメな人には無理かな?

お腹がいっぱいになった後は腹ごなしに夜の街を散策します。ソウルのように24時間の営業のところは少ないようですが、釜山の町も夜も遅くまでにぎわっています。

Busan13

屋台の売り場で交渉するスーさん。
私は今一この交渉が苦手なのですが、スーさんの値切りは達人の域に達しています(笑)

 

 

Dsc00870

せっかくなので土星人も何か買ってみました。
丁度男用にも使えそうなネックレスがあったので何点か購入。全部で1万ウオン(約1200円)でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

釜山旅行記01

前回、ログに書いたようにこの週末を利用して博多から高速船ビートルに乗って釜山に行ってまいりました。

ビートルは博多と釜山を約3時間で結びます。高速船ゆえに船は結構揺れますが、外国とはいえ、船で3時間で行けるのはやっぱり近いなあと感じますね。

Busan01

釜山港の様子、さすがは韓国1番の港町、大きな貨物船に巨大なクレーン、この対岸は造船ドックが並んでいて、圧倒されました。

 

 

さて、釜山についたらお昼です。ホテルにチェックインしたらすぐそばにある「チャガルチ市場」に向かいます。

チャガルチ市場は巨大な魚市場です。
例によってここでも買ったお魚を上の階にあるお店で料理してくれます。

Busan03

市場の中はこんな感じです。相変わらず客引きのすごいこと、交渉はスーさん担当。
え?もち日本語です。どのお店の人もバリバリに日本語しゃべりまくりです。

 

Busan02_2 これは貝類を専門に扱っているお店、アワビからサザエ、ミルガイ等がズラリです。珍しくウニもありました。そして韓国には欠かせないホヤに謎のでっかいミミズのような生き物!(すみません、調べたけどわかりませんでした)

 

Busan04 重なっているからわかりにくいかな?
ヒラメ、イカ、タコです。今回のお買い上げ分です。
これを上の階のお店で調理してもらいます。

 

 

Busan05

で、上の写真がこうなりました。
イカとヒラメはお刺身、タコは生をぶつ切りにしてネギとごま油と塩で和えて食べる「サンナクチ」という料理です。
このサンナクチ、切ってあるタコの足がお皿の上でうねうね動くんですね。苦手な人は引いちゃうかも、
(土星人も少々引きました・・・)

さて、今回、この市場のために秘密兵器を日本から持っていっていました。
上の写真にあるように日本のわさびです。(チューブモノですが)

わさびは韓国にもあるのですが、やっぱり今一効きが悪いので行く前に買って行きました。やっぱり食べ比べると差が歴然ですね。チューブモノとはいえ、食べなれているわさびの方がしっくりきました。

Busan09

ちなみに一般的な韓国のわさびはこんな感じです。
(写真左の容器に入った緑色のヤツ)
なんか子供歯磨き粉のような色をしています(笑)

 

 

そして、ご飯を食べた後は例によって市内をふらつきます。

Busan06

国際市場と呼ばれる、釜山の市場。ソウルの南大門とかと同じく韓国らしさが味わえます。
もう少しすっきり買い物を楽しみたいならロッテデパートを中心とする「西面」と呼ばれる地区の方がいいでしょう。

 

 

私とスーさんの旅行は何をするでなく、ただ飲んで、食って、ふらついて、寝るという4つの単語しか使わない(笑)旅行です。
当の本人達はそれで満足していますが、こうして帰ってきてからブログに書こうとすると意外に書きにくいですね。
まあ、食べ物に関してだけは地元の人が使うようなお店に行くのでそこはちょっと違いますけど・・・。

夕食は地元で人気の激安焼肉店でカルビを食べて、その近くに屋台のショットバーがあったのでそこで一杯引っ掛けてホテル(というか旅館です)に帰る事にしたのですが、そこで飲みながらの会話。

土「スーさん、明日はどうすんの?なんかネタあるの?」

ス「なんも考えてない」

土「あいかわらずっスね、まあ私もなんも考えてないんですが」

ス「明日、朝起きて考えよ、とにかく今日はもう眠い」

土「へーへー、じゃ、これ飲んだら帰りましょうかね」

改めて考えるとヤル気あんのか?って感じですね。

Busan08

珍しいカクテルの屋台。スーさんはジャックダニエルのロック、私はマティーニです。
この店、外人(欧米系)に人気なのか、道行く欧米系の外人がお店のにーちゃんに声をかけてました。
言葉の通じない外国で、いろんな国の人に囲まれながらのんびりとお酒を飲む、この感覚がなんとも言えずいいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

丸(BlogPet)

きょううさ丸が仕事したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

博多の夜

博多の夜
いきなりですが、今博多にいます。

実は明日から韓国釜山へ観光にいきます。

今回はいつも韓国に一緒に行くスーさんが、博多と釜山を結ぶ高速船のチケットを懸賞で当てまして、明日の便に乗るために予め博多に来ているというわけです。

さっきまで、ホテルそばにある居酒屋で飲んでました。

この居酒屋、お酒を除くメニューがすべて300円という、凄いコストパフォーマンスを誇るお店でした。

スーさんと二人で支払いが3700円程・・

うーん、安すぎです。

その後は博多ラーメンを食べました。
やっぱり地元で食べると違いますね。

明日からは釜山です。

面白い報告ログが上げれたらいいなあ。

気をつけて行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

3倍すごい?

すでにご存知の方もおられると思いますが、

ソフトバンクケータイの冬モデルに

シャア専用携帯が・・・、

ズキューン!!

ネットでこの情報を見た時には大笑いしてしまいました。

しかも充電器がザクの頭って一体・・・、でかいって。

とち狂ったかソフトバンク、と思いましたが、

しかしこれがなかなか、ガンヲタの心をむんずとわしづかみ・・・、

的な要素が満載で、土星人、不覚ながらも心がぐらついてしまいました(爆)

防水ケータイだったら乗り換えたかも(猛爆)。

あ、でもその場合だったらズコックにしてほしいなあ(激爆)

ドコモじゃこんな冗談みたいな商品は出ないだろうな・・・。

身の回りでソフトバンクの人が誰か乗り換えてくんないかな、

ぜひぜひ見てみたいです。

話変わって、

ネット放送のギャオで「モスピーダ」の放送が始まりました。
なんと懐かしい、ご存知の方いますか?
確か、土星人が中学ぐらいの時だったでしょうか。

マクロスもどきと批判された(レギオスがバルキリーそっくりだったからなあ)
タツノコプロの作品。

問答無用のB級アニメだったんだろうけど、当時何故かけっこう好きでした。
(っていうかあの当時はアニメなら何でも見てましたが・・・(核爆))

♪青いナイフに~、♪
なんてOPの歌を口ずさみながら見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

ライコネンおめでとー

日曜日、カヤックから帰って、料理して酒飲んで、ログを上げたらすでに夜中の1時半でした。

疲れすぎるとかえって休めないものなんですね。

みょーにハイになってしまっていまして結局、録画するつもりのF1最終戦、ダイレクトで見てしまいました。

テレビをつけたらすでに途中でした。
(いつものクセでアメリカ大陸でやるグランプリの放送は2時ぐらいからと思っていたのに・・・、何故か今回はダイレクト放送でした。うえーん)

予選結果からはハミルトン楽勝か・・・、と思っていたのですが。

え?なに?なんでこんな状態なの?

状況を把握するのに苦労しました。

ハミルトンはマシントラブル、アロンソは調子上がらず、ライコネンが優勝で総合優勝を掴み取りました。すっげ!!

「奇跡はこれからだ!」ってレース前に言ったかどうかはわかりませんが、サイバーフォーミュラの最終回も真っ青な展開でした。
(すいません、まったくのヲタネタです、スルーしてください)

F1の神様は、ライコネンを選んだんでしょうかね。

ハミルトンに対してはもう少しがんばんなさいと言っているかのようでした。

なにはなくともライコネンおめでとー!!
長い間二位が続いていたけどやっと、優勝できました。

オフシーズンは飲みまくりかな?
(ライコネンの酒豪ぶりと酒癖の悪さは有名らしいです、土星人もヘベレケなので親近感を覚えます(笑))

ニュース等では、結果について蒸し返しする動きもあるようですが、まあ、今回はこれで決まりでしょうね。

それにしても日本勢は今シーズンはダメでしたね。
来期はがんばってほしいです。

中嶋(息子)は頑張っていたようだけど、結果的にはチームメイトとの差が開きすぎたような気が・・・、
やっぱり予選結果が悪すぎたかな・・・?

あとは、オフシーズンのアロンソの去就ですね。

マクラーレンに残るのか、移籍するのか。

そんなこんなで日曜日は午前3時(ていうか月曜日?)まで起きておりました。

自分でもびっくりしたのですが、

さすがに次の日はどっと疲れが吹き出てしまいました。

仕事から帰ったらばたんきゅー、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

秋の大歩危

今日は昨日のログで書いたとおり、大歩危ツアーに参加いたしました。

二日連チャンのカヤックは始めてです(おそらく・・・)、しかも2日目が大歩危とはタフすぎます、どうなることやら・・・(笑)。

本日は岩原からスタートです。
大歩危ロング後半かな?と思っていたのですが、それよりは短いポイントで上がる予定との事。

ツアーリーダーSZ氏は午後3時には上がる予定にしたいと言っていましたが、みんな「そうはならんだろうな」と言って信用していませんでした(笑)。

そうそう、今回土星人は新兵器を用意しました。

Dsc00853

新兵器、それは鼻栓です。
モンベル大歩危店にて購入。

 

 

実は土星人、これまで鼻栓なしてカヤックをやっていました。それまではなんとかなっていたのですが、さすがに大歩危のような所では波しぶきが顔にかかる事がしょっちゅうですので、やっぱり必要かなと購入してみました。

始めはなんか違和感ありありだったのですが、今回のツアーでその威力を思い知らされる事になります。

ちなみに土星人はこれで「わーい!新兵器」!と喜んでいたら、いつものお仲間M氏、Y氏が共にドライトップを今回のツアーに投入しておりました。

「鼻栓とはケタが違うじゃん・・・」

お二人は冬もやるのですか・・・?

まあ、何はともあれ出発です。

水量は前回よりもさらに少なく、しかしその分水は綺麗でした。

大歩危後半は前半のような全国区に名を轟かすような瀬は少ないものの、ロデオで遊ぶのには良さそうな、ウエーブやホールが随所にあり、今回はそうした箇所をねっちりと遊びながら下ろうというツアーです。
(だからなのですね、みんなが時間通りに終わるはずはないと思っているのは、遊び好きの方ばっかりだから・・・)

P1010033

綺麗に一列に並んで順番待ち・・・、って整列しすぎやって。まるでデイズニーランドの人気アトラクションを待っているかのごとき(笑)

 

 

前回はこうした瀬遊びはほとんど出来なかった土星人ですが、今回は多少余裕ができたのか、結構アタックさせていただきました。
幸い、土星人の乗るジャクソンカヤックのFANは乗り手が私のようなひたっぴでも、きちんとポイントに入れば波乗りさせてくれます。
うーん、まさしく性能におんぶにだっこですね(笑)
(ガンダムの性能に助けられていた初期のアムロみたい・・・、ってここまできてヲタネタはヤメレ!)

さて、さて、そうこうしているうちに大歩危後半の最大のイベント、国境の瀬に到着。

前回はなんとか乗り切ったのですが、その分なんかかえってプレッシャーを感じてしまいます。
リーダーのSZ氏の後についてコースをトレースしながら瀬に突入。

一つ目の岩をすり抜け、二つ目の岩の右側を抜ける・・・ってあれ?、岩が正面に・・・!

ごん!

見事転覆。

このとき、鼻栓のおかげで鼻に水が入らなかったため、私にしては奇跡的なスピードでロールでリカバリーできました。

すっげ!と思いながらも、回りを見渡すと、次の岩が迫っています。

「あれに当たったらラップ(張り付くこと)しかねんなー」

もう、必死。

なんとか目の前に迫る岩をよけ、その後はもう本能のみの行動・・・、

無事に瀬を抜ける事ができました。いやーよかったよかった。

後で何人かの人に、びっくりしたよ、とかちょっとヤバかったね、とか声をかけていただきました。
どうやらかなり危なかったらしいです。

うーん、恐るべし、国境の瀬。

P1010064

点にしか見えませんが国境の瀬を下ってくるM氏です。
上級者が下るといたって普通に下っているように見えるんですけどね・・・

 

P1010041

今回のベストショットかな?
 

 

 

 

Dsc00854

最近お気に入りのお茶。
何故かお昼ご飯のポイントの前にも丁度いいホールが・・・(笑)
みんな交代でご飯食べ食べ挑戦です。
CMみたいなカットになってしまいました。

 

P1010077  

みんな無限の体力の持ち主?
水はあったかいのですが、日陰はさすがに寒くなってきました。

 

 

土星人はすでに限界に近づいていました。
ロールって体力がないと出来ないですよね。ひっくり返されたあとのロールがだんだんきつくなってきています。

そしてとうとう、限界が・・・、
げっ!、ロールが上がらない!
1回、2回・・・、

パドルを垂直に引き込んでいる、頭が先に上がろうとしている・・・、悪い形が出ているのは理解できているのですが、体がいうことをきかない・・・

3回目・・・、失敗・・・・、ああ・・・、ポキ!(←心の折れる音)

沈脱・・・、

リーダーのSZ氏とY氏がレスキューしてくれました。しおしお・・・(凹)

最後の最後で醜態をさらしてしまいました。

それでも、楽しいツアーでした。
みなさん、本当にありがとうございました。

最後は帰ってからの一品です。テンションが上がっていたのか久々カヤック帰りで作ってみました。
牛モモ肉のワイン煮込みです。
洋風の料理にワインでお肉を煮るというのはよくあるのですが、煮汁を全部ワインにしてしまうと酸味が強くなってしまいますね。
(安物ワインだからかな?)
日本人には出汁とワインと半々ぐらいがいいのかもしれません。

Dsc00856

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

まったりと秋カヤック

本日の四国地方は見事な秋晴れでした。

天気がいいので職場の友人K氏と二人でカヤックに出かけました。
(って、あんたそればっかやねー・・・)

いつもの早明浦のすぐ下の寺家でてきとーにあそんでました。

今日は私たち2人のみだったのでなーんかまったりとしてしまいましたね。

P1010003

寺家ウエーブを下ってくるK氏。
大分調子が戻ってきているようです。

 

 

まだまだ水は温かく、十分泳げます(笑)
ただ、水からあがった時に風が吹くと寒くなりますね。

まったりと遊んだあとは少し早めに岐路につきました。

Dsc00850

カヤックの帰りにコンビニで買ったアイス。
いわゆるご当地モノみたいです。きなこ味にひかれて買ってしまいました(笑)

 

確かにきなこの味がしました。
でも変じゃなくなかなか食べれました。

その他、ミルクやいちご味といった定番なものから
塩味というちょっと変り種までそろえてました。

次回は何にするかな?

Dsc00852

コンビニの隣の田んぼでは、稲を乾燥させるための「はさかけ」をやっていました。

 

 

最近はこのはさかけもなかなか見なくなりました。
実際、やるとなったら手間ですからね。

子供の頃、祖父、祖母の家の田んぼでこの「はさかけ」に稲をかけるのをお手伝いしていたのを思い出します。

こういう風景をみると、なんか風情と言うか、なんというか・・・

なんとなく落ち着くし、ほっとしませんか?

とか、なんとか思っていたら、M氏から携帯にメールが・・・、

「明日、大歩危行きませんか?」

うおー、二日連ちゃんかー!
(行くんかい・・・、こりんやっちゃ)

さすがに大歩危相手だとまったりとはいかないですね。

気合を入れないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

通勤したの(BlogPet)

きょうは、通勤したの?
それで土星人は状態とか報道しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

ひこにゃん

またまた、ブログの壁紙を変えてしまいました。

これまでのリラックマの壁紙なかなか気に入っていたのですが、

少し前にこのひこにゃんのテンプレートがあるのを知り、11月途中までの期間限定との事だったので、思わず使ってみる事にしてみました。

使ってみて意外にシンプルな印象ですが、まあ、ひこにゃんがゆる〜くがんばってますのでよしとしましょう。

別に彦根にはなんの縁もゆかりもないですが、とりあえず許して下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

ガトー大小

ガトー大小
写メは昨日作ったガトーショコラです。

奥のはいつものホールですが、手前のは小さい小判型のセルクルで同じガトーの生地を焼いてみました。

まずまず上手く焼けたかな?

小さい型で作ると面倒な点もありますが、小分けでラッピング出来るので、気楽に食べれるという利点があります。

ホールだとちょっと構えてしまいますよね。

私がチョコレート好きというのもありますが、ガトーショコラはなーんかよく作ります。

使うチョコレートや配合、焼き加減によって味わいも微妙に変わるので意外に奥深いし、
夏場でなければ常温保存でも2・3日は大丈夫なので重宝します。

それでいて安っぽくないというのがいいですね。

ちなみに私はしっとり系のビターなタイプが好みです。
その他、よく焼いたウエルダンタイプや、あまり火をとおさないレアタイプとかありますよね。

皆さんはどんなのが好みですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

小さい秋

小さい秋
〓小さい秋、小さい秋、みぃつけた〜〓

写メはいつも通勤途中の田んぼの畦に生えている柿の木です。

夏の頃は青くて固そうな実だったのですが、最近は大分色付いてきました。

土星人の地元では柿の色付きと供に秋が深まっていくように思います。

そういえば、最近は少しこうした景色に目を向ける余裕が足りなくなって来ているような気がします。

仕事で腐っているのがわるいのかな?

いけませんね。

身近な自然に気がつく感覚はなくしたくないです。

なかなか大変だけど、オンとオフ、気持ちを上手く切り替えてやっていきたいですね。

秋はこれから本番です。

小さい秋をいろいろと探してみたいと思います。

皆さんの周りではどういったものに秋を感じますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

一人料理教室番外編

なーんか、料理ネタが続いていますが・・・、

すいません、今日も料理ネタです。とりあえずこのシリーズ(シリーズだったの?)はこれで最後です。

今回はちょっと変わり種です。

以前、回鍋肉をつくったときの、茹でたお肉を少々、そしてスープにした茹で汁を使ってつくります。

スープを半カップ程小鍋にいれ、お醤油を同量加えます。

そしてお肉をその中に入れ、10分程コトコトと煮ます。

Dsc00846

これで即席のチャーシューと醤油タレの完成です。

 

 

 

残りのスープは火にかけて、鰹節、あるいは昆布を加えて煮て出汁を足します。

はいこれで準備完了。

どんぶりに上記の醤油タレを少々、スープを加え、茹でた麺を投入、即席チャーシューをのっければラーメンの出来上がりです。

Dsc00847

麺が冷凍うどんなのはご愛嬌・・・(笑)
ラーメン用の麺を買うのを忘れていたので代用しました。

 

 

えらい、簡単なラーメンですが、なかなかどうしてこれだけでちゃんとした醤油ラーメンになっていますのでびっくりしますよ。
(実は土星人も半信半疑で作りましたが意外にイケルのでびっくりしました)

一時期のラーメンブームも現在は下火になっていますが、かつては影響を受けて四国にもラーメン街みたいなのが出来ました。
そうしたお店のラーメンはそれぞれ個性があって美味しいのですが、個人的には、これでもかというぐらいの濃い味でゴージャスすぎるなあ、という印象を持っています。

あくまで個人の好みですが、もっとシンプルでもいいんじゃないかなあと思います。
(歳とっただけなのかな?(笑))

ちなみにこのラーメンは極端に言えば、お肉、鰹節、醤油だけで完成します。こういうのもまたアリかなと思います。いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

一人料理教室その3

二日お休みでした。

今日も懲りずにブログネタは料理系です。

冷蔵庫にはまだ塩豚が残っているのでこれを使い切ってしまいましょう。

そして今回もお手軽メニューです。回鍋肉(ホイコーロー)に使ったキャベツもたくさんありますのでこれを使います。

Dsc00842

キャベツはザク切り、お肉は薄めにスライス。これを土鍋に交互に重ね入れます。(私は個人の好みでにんにくを少し加えます)そしてお酒を1/2カップほど、今回は日本酒を使いましたが、焼酎でも白ワインでもいいでしょう。

 

 

あとは弱火で蒸し煮にします。ほんとこれだけです。めっちゃ簡単。

Dsc00844

蒸してる間にちょっと1杯・・・(笑)
半分残していたワインをチーズでいただきます。

 

 

チーズは「ブルサン」という銘柄でクリームチーズににんにくの風味をつけています。

スーパーで処分価格で売ってたのを見つけました(笑)。ちなみに土星人はこのチーズは好物の部類にはいります。

パンをスライスして一緒にいただきます。それにしてもまさにキッチンドランカーですね(笑)

Dsc00845

はい、そうこうしているうちに蒸しあがりました。
胡椒とポン酢をよういしてみたのですが、ポン酢の方が美味しいような気がします。

 

 

ちなみにこの蒸し煮は白菜でもOKです。むしろ白菜の方が美味しいかも。

Dsc00841 ちなみにポトフの残りはカレーになりました。シチューにも化けれたのですが、ちょっとシチューのルーが切れてしまっていましたので。
それにしても今回は土鍋大活躍でした(笑)

 

 

話は変わるのですが、最終のブラジル戦を前に、F1関係のニュースがすごいことになっています。

ニュースによるとアロンソがマクラーレンを離れるのは規定路線みたいです(ホントかな?)その上でルノーに行くのか?はたまたトヨタがお金を積んでオファーしたとか(一説には3年契約の180億らしいです、松坂もびっくりですね)、色々です。

そしてアロンの抜けたマクラーレンのシートに誰が座るかについても怪情報が飛び交っています。ウイリアムズからロズベルグが行くとか、トロ・ロッソのベッテル大抜擢とか、はたまたホンダのバトンが行くとかまであったのには驚きました。

当のアロンソとマクラーレンが何も言わないので本当の事はわかりませんが、しばらくはこうしたニュースから目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月13日 (土)

♪(BlogPet)

きのうはちくしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

一人料理その2

一人料理その2
今日は昨日に引き続き、料理ネタです。

昨日の塩豚とお肉を茹でた茹で汁を使って、ポトフモドキを作ってみました。

ネタとしてはひねりがなくてすみません。

お肉、人参、じゃがいも、玉ねぎキャベツなどを大きめに切って鍋に入れ、茹で汁を入れ、コンソメキューブを一個入れて、煮ただけです。

いやー、ほんとストレートですね。

食べるにあたっては黒胡椒とデジョンマスタードを用意しました。
土星人は黒胡椒を多めにかけて食べるのが好きです。

単純ですが、こういう料理だとたくさんの野菜も無理なく食べれるのがいいですね。

せっかくの洋風料理ですのでワインも用意してみました。

オーストラリア産の「イエローテイル」というワインです。
980円で買えるにしては、なかなか飲めるシリーズが多いので最近のお気に入りです。

今回は「シラー」というぶどうの品種を使ったヤツを飲んでみました。

タンニンが強く、土星人好みのしっかり系ワインでした。

さて、明日はこのポトフモドキの残りを使ってどうしましようか?

ベタですがやっぱりカレーにしてしまうかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

一人料理教室

今日はなんだか思いつきでちょっと料理に凝ってみることにいたしました。

Dsc00827_2

本日のお買い物、メインは塊の豚バラ肉です。
これを使って色々やってみたいと思います。

 

 

 

まずは豚肉を塩豚にします。
塩豚とは豚肉の塊に塩をたっぷりとすりこんでおく簡単な保存法です。
大体豚肉の重量に対し3%ぐらいの塩を使います。

Dsc00829

塩をすりこんだらラップをして冷蔵庫へ、
一晩もすると水分が出てくるので水分はすてます。
こうして必要な分だけ切って使います。
大体1週間ぐらいは持つそうです。

 

 

さて、半分は冷蔵庫へ、残り半分は使いますので早速調理にかかります。

Dsc00830

お鍋に水を入れて豚肉を茹でます。
一緒に入っているのはネギの青い部分、生姜の輪切り、セロリの葉です。臭み消しですね。

 

 

コトコトと豚肉に火が通るまで茹でたら、豚肉は取り出してスライスします。
さて、茹でている間にその他の準備をすましましょう。

Dsc00831  

キャベツ、長ネギ、ピーマンをザク切りにします。
にんにくは薄目にスライスします。
奥に見えるのは、甜面醤、豆板醤、豆鼓醤、お酒、砂糖、醤油を混ぜたものです。

 

 

さあ、後は一気に炒め合わせましょう。

まずはフライパン油を引きににんにくを入れます、にんにくの香りが立ったら茹でた豚肉のスライスを入れ、ちょっと表面がカリッっとするまで焼きます。
火を強火にして、野菜類を全部入れます。全体に油が回りキャベツがしんなりしかけたかなー、と言う所で、あわせておいた調味料を投入、全体にいきわたらせます。

Dsc00832

はい、回鍋肉(ホイコーロー)の出来上がりです。

奥に見えるのは土鍋で炊いた栗ご飯です。

ちなみに土星人、栗ご飯は好物の一つなのですが、土鍋で炊いてみたのは初めてです。

やっぱり勝手がちがいますね。ご飯は硬いわ、底がこげてしまうわ、散々でした・・・、しおしお。

あとで調べたら、やっぱりご飯専用の土鍋の方が良いらしいとの事。

むーん、やっぱり使い慣れた炊飯器の方がよかったか・・・、土鍋だと20分ぐらいで出来るのは魅力なんですが・・・。

残念!

また明日は残りの豚肉と茹でた鍋に残ったスープを使ってまた何か作ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

ヲタなお話

さすがに大歩危のロングコースはキツかったです。
いまだ筋肉痛に悩まされています(笑)

さてさて、今回はヲタなお話です。

現在はテレビの番組改変期です。
秋冬のドラマにはまたまた漫画原作のドラマがいくらかあるようですね。

その中でも個人的にびっくりしたのは「ネギま」と「風魔の小次郎」ですね。

始めにドラマ化の情報に接した時はびびりまくったのですが、
(特に風魔の小次郎の方、車田正美は強いなあ(笑))
まあ、どっちもマイナー局の深夜帯なので安心いたしました(笑)

まあ、こういうのはたいていが原作ファンは見ないほうがいいと相場が決まっています。
(話のネタにはアリかもしれませんね)

そしてさらに、びっくりしたのが、

ドラゴンボールの実写化!!

しかもこの場合、日本のマイナー局なんかではなく、なんと海の向こうハリウッド製らしい。

20世紀FOXが作るらしいのですが、11月からクランクインの予定で現在監督が決まったとか決まらないとか・・・、

どっひゃー、ですね。

デビルマンやガンダム(「Gセイバー」とか題でガンダムモドキを作ったことあります)で失敗してもまだ懲りないのかハリウッド、って感じですね。

もうこうなりゃ、「マジンガーZ」とか「ゲッターロボ」とかも作ってくんないかなハリウッド。
「マクロス」なんかも面白そうですね。
「ボトムズ」とかはちょっとリアルすぎかな?

あ、すいません、一人で暴走してしまいそうでした。

それにしても、かってはどちらかと言えば日陰的な印象のあった漫画・アニメ関係ですが、
まさかこんな日のあたる時代が来るとは・・・。

私のような昔からのヲタオヤジにとっては
昔のちょっとマイナーって感じの世界の方がよかったのですがね(笑)。

あと、話はまったく変わってしまうのですが、

F1今シーズン最後のブラジル戦にあの中島一貴がウイリアムズから参戦するらしいです。
(ついさっき知りました)

ウイリアムズの正ドライバーであるブルツが引退するのを受けて、チームが中島を乗せる事に決めたとか。

中島一貴はあの日本人初のFドライバー中島悟の息子です。
現在ウイリアムズのテストドライバーをしていて、
今後が期待されている日本人の一人です。

おそらくはウイリアムズにエンジンを供給しているトヨタへの配慮もあるのでしょうが、中島個人の評価もチーム内ではなかなか高いと聞いています。

ブラジルのみのスポット参戦だけでなく、来期から正ドライバーとして乗ってほしいですね。

ブラジル戦の楽しみがまた一つ増えました。

しっかし夜中の2時だからなあ・・・(困)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

大歩危リベンジ

  昨日はいつもお世話になっているM氏のおさそいで再度大歩危ツアーに行ってまいりました。

前回スコスコにやられてからこっち、日が経つにつれて、悔しい気持ちがムラムラと沸き起こっていたので、渡りに船とばかりに申し込みを受けました。

今回は和歌山から連休を使ってツアーに来ている方々と一緒に下るということらしく、大人数でのダウンリバーです。

しかも今回は通称大歩危ロングと呼ばれる豊永からホテルまんなかまでの長丁場、気合を入れないといけません。

そして肝心のコンデイションですが、早明浦ダムの放流が少ないせいか、水量は2週間前に比べてまったくと言っていいほど少なかったです。

しかし、そこはそれ、天下の大歩危ですので水量が少なくなれば各箇所で岩は水面から顔を出すわ、段差の落ち込みは大きくなるわで、これはこれで難しい面もあります。
(ただ、放流がなかった分、水の透明度はすごく高かったのでキレイな流れを堪能できました。)

P1010121

天気も良く、連休中日とあってラフトイベントもたくさん行われていました。

 

 

 

P1010124

今回のツアー参加は総勢20名以上!!
まさに大部隊!
艇の種類もいろいろあってカラフルです。それではいよいよ出発。

 

 

まずは前回何が何やらわからないまま流されてしまった豊永の瀬。
今回は水量が少ないので波で前が見えないということはなく、順調にこなしていたのですが、最後の落ち込みでバランしスを崩して見事沈!
前のめりに回ってしまいました。
このとき、サイブレイズから両足が外れてしまい(ゲ!)、これではなんとも出来ないので結局沈脱してしまいまいた(トホホ)

うーん、リベンジを果たすつもりが返り討ちにあってしまいました。情けなや。

P1010139

続きましては三段の瀬、スカウテイングをする和歌山の方々。

 

 

 

水量が減ってもコース取りは前回と同じ、土星人も思い切って突撃します。二段目の落ち込みも無事に乗り越えました。

いよっしゃ!!

なんと転覆なしで乗り越える事ができました。

豊永でこけたあとにと、ある人から貰ったアドバイス、「波にパドルを突き刺す感じで漕ぐのがいいよ」を意識したおかげでしょうか、大歩危名物三段の瀬をクリアできたことで俄然自信が出てきました。

続く岩原の瀬も無事クリア、最後に気をぬいて水面スレスレの岩にひっかかって沈するもロールでリカバリー。

大分動けるようになってきました。

P1010161

お昼休みの一こま。
見本市か!と思うぐらい艇が多いですね。
あと、放流が少ない分水がきれいです。大歩危で川底が見えるのも珍しいと思います。(多分)

 

 

P1010155

デジカメが防水なので水中に突っ込んで撮ってみました。適当に撮ったのでわかりにくいかもしれませんが、なんか気泡がキレイです。

 

 

さて、岩原を過ぎると土星人には未知の世界。
大歩危ロングは過去に一度ラフテイングで体験したのですが、ラフトの感覚とカヤックの感覚が別物なのはすでに経験からわかっていますので、気合を入れなおして午後の部スタートです。
なにせ距離も長いので体力の配分も考えながらいかないといけません。

P1010173

大歩危ロング後半の最大のイベント「国境の瀬」です。とにかくここは岩がいたるところで顔を出しているので、右に左に的確なコントロールが要求されます。

 

 

前回、三段の瀬をスカウテイングしたときのように「見なきゃよかった」なんては思いませんでしたが、「大丈夫かなー、沈したら痛そうだなー、行けるかな?」。って感じです。

左側から入って右手のエデイーを取る・・・・、あれ、流れすぎ、ヤバ!エデイ取れない。

もういいい、そのままルートの真ん中へんの落ち込みへ・・・なんとかクリア(ほっ)、

ほっとしている場合ではない、すぐに次は左に行かねば。この、動けー!ジャクソンカヤック!!

あかん!間に合わんか?岩がせまってくる・・・、

ぎりぎり、岩をかすめるようにして突破、そのまま最後の落ち込みも無事クリア。

やったね、国境の瀬を沈なしで下りきりしました。
(文章にすると長いですが、時間的には10秒かかってるかな・・・、どうかな?)

これは自分の中で大きな自信になりました。

さて、国境の瀬を越えるともう大イベントな瀬はないのですが。大小、さまざまな瀬が次々と現れます。

P1010192

先を急ぐ旅なれど、よい波見つけりゃ、遊ばずにゃおれぬ・・・、
スポットがあると我先にと遊ぶ方々。

 

 

P1010213

大歩危ロングの新たな名物?砂の滑り台。
カヤッカーはこれをカヤックに乗って滑り降ります。
楽しそうだけど、残存体力の問題からパスします。残念。

 

 

P1010223

よいウエーブが立っている大歩危橋の下。しかーし、画面奥に見えるはストッパーと化したホール。危険なにおいがします・・・、

 

 

さすがに大歩危ロングコースは長かったです。ヘトヘトになりました。

しかし実は最後の最後、終点のホテル真ん中の前には結構きつい流れがあります。川幅が狭く、流れが速くなる上、流れが岩壁にぶつかっているのです。
なんとか岩壁を交わそうとしましたが、想像以上に流れが速く岩壁にぶつかる水にあおられて豪快にひっくり返ってしまいました。

ロールで起き上がろうにも、もう体力の残っていないので失敗してしまいます。
1回目・・・ダメ
二回目・・・・・・・・ダメ
以前のロールが出来なかった頃の悪い癖が出ているのが自覚できているのですが、体がいうことをききません。
最終地点なのでレスキューにみんな集まってきているのがわかります。
しかし、ここはそのまま流されると戻れなくなるので安易に沈脱はやめた方がいいよな、
なんとか、起きろー!

起きました・・・・・、よかった・・・・。

正直最後のここが一番つらかったです。(体力がなくなっているせいもあるでしょうが)

P1010231

最後のやられた流れ、むーん、最後にこれはきっつなあ。

 

 

 

P1010228

そして大歩危ロング最後の難関(笑)
カヤックかついで上の道路まで上がる・・・。
長い距離漕いだあとのこれはほんとにキツイです。
シャレになんないッス。

 

 

コースと同じく長ーいログになりましたが、疲れたけど楽しかったし、少し自信も出来てきました。

誘ってくれたM氏ありがとう。いつも豪快なツアーリーダーのSZ氏をはじめ歩危クラブのみなさんありがとうございました。そしてはるばる和歌山からツアーにきたカヤック倶楽部の方々、楽しい時間を一緒にすごせてよい思い出になりました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

びっくり!

びっくりです。さっきF1上海GPを見終わったんですが、ハミルトンまさかのリタイヤ!

チャンピオンシップの争いが最終ブラジルまでもつれる事になりました。

ハミルトンの有利はかわりませんが、ハミルトン、アロンソ、ライコネン3人に優勝の可能性があるわけで、これは俄然面白くなりました。

しかーし、最終戦のブラジルはさすがに見れないなあ、夜中の2時から放映だし・・・。

衛星放送なら中継だからもう少し早いんですよね。うーん、衛星放送うらやまし。

ちなみに土星人の知り合いのF1ファンの間ではこのようなまさかの現象が起こって盛り上がる状態を「バーニーボタンのスイッチが入った」と言っています。
(長くなるので説明は省かして下さい)

さて、スイッチの影響かどうかはしりませんが、スーパーアグリ、スパイカーと共にビリ争いの3強と言われた(笑)「トロ・ロッソ」(直訳で赤牛)が2台とも入賞したのは何故でしょう・・・?

本来なら今日は大歩危ツアーの報告だったのですが、あまりにもびっくりしたのでちょっと載せてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

ヲタな話

今日はよい天気でしたが、衣替えのための片付けやら何やらで、結局引きこもりでした。

そうそう、本日は新しいシリーズのガンダム「ガンダム・ダブルオー」の第1回目の放送がありました。

普段ほとんどテレビを見ない土星人ですが、久しぶりに時間を決めてテレビを見ましたね。

とりあえず、1回目を見た感想は次も見ようかなと思わせる感じで、土星人的にはOKでしたね。(ちょっとウイングっぽいかなとは思いましたが)

オールドファンは高河ゆんのキャラクターに違和感をもつかもしれませんね。

ほんでもってやっぱり「ハロ」は必須なんですね(笑)

今回はオレンジ色です。ハロの存在はいつの間にやらガンダムの必要条件になっているみたいです(笑)

そして、別にガンダムの放映に合わせたわけではないのですが、ブログのテンプレートを「らき☆すた」に変えてみました。

ニフテイのブログサービスの中にあったもので、つい使ってみました(無料ですし)。

ちょいと勇気がいりましたが、知り合いの友人はびびったと言ってくれたので、とりあえずは良しかな(笑)。

明日は、大歩危ツアーのリベンジに行ってきます。ふぁいとおー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうは着した(BlogPet)

きのうは着した。

*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

F1のおまけ

今日は今回の富士ツアーの裏話というか、レース以外のお話をちょっと紹介させていただきます。

Dsc00814

お昼ご飯用に買ったお弁当。
F1カーの形をしたチキンライスに手前がデミグラスソース、奥がスクランブルエッグです。
チェッカーフラッグもついて、完璧お子様ランチです。
お隣のお子様連れのお母さんにうらやましがられてしまいました(笑)

 

土星人は富士市に宿をとっていたのですが、富士市の吉原の商店街周辺には韓国料理屋さんがたくさんあるのですね。
本国形式のお店がたくさんなので驚きました。

Sany0001

すでに何回も韓国旅行をしている土星人はまったくOKでしたが、連れの方々は韓国料理が初めての人が多く、おっかなびっくりでしたね。
写メは春雨の炒め物にスンデという韓国独特の腸詰です。

韓国料理でウケがいいのはやっぱり「チヂミ」ですね。あと「コムタン」という牛スープが好評でした。

ちなみに土星人は一人韓国焼酎を飲んでへべれけでした(笑)

Dsc00810

二日目は地元の居酒屋さんです。
なんといってもこのビール100円の看板に惹かれました。
マジですか?

 

 

Dsc00809

マジでした!!
エビスの黒生中ジョッキ100円!!
その他メニューも安い値段のものが多く、抜群のコストパフォーマンスでした。

 

 

そして翌日、もうこの日は帰るだけなのですが、丸1日あるので少し時間が取れるということで、御殿場にあるアウトレットモールに行くことにいたしました。

Sany0101

山の中に突如現るという感じ。
売り上げが順調なのか拡張工事を行っていました。

 

 

 

話には聞いていましたが、すごいですね。世界の1流ブランドが下町の商店街のごとく軒を並べています。

私たちは平日の午前中のお邪魔だったのですが、それでもあれよあれよという間に人が増えました。

見ているだけでも楽しいのですが、せっかく来たので何か買って帰ろうと色んなお店をのぞいてみました。

BOSSのお店でカッコいいジャケットがありました。

50%オフ、さすがアウトレット・・・・、

しかーし、定価が半端じゃないので半額でも高いですう・・・(涙)
(ちなみに半額になっても土星人が買うスーツより高かったです)

金銭感覚狂います。

Dsc00825

結局買ったのはこのeteのステンレスネックレスとスコッチグレインが余り革で作っている牛の置物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

富士F1報告

すみません、長らく休憩いたしておりました。土星人です。

F1から帰ってきてこっち、なーんかバテてしまいまして、更新が遅れてしまいました。すいません。

それでは土星人の富士F1ツアーの報告をさせていただきます。

一部報道にありますようにバスによるチケットアンドライド方式は、かなーりのトラブルに見舞われたようですね。

幸い、土星人は席のすぐそばがシャトルバス乗り場という幸運に助けられまして、それほどの苦労はなかったです。運がよかったようです。

来年は改良してもっと良くしてほしいですね、富士サーキットにトヨタさんお願いします。

さてさて肝心のレースですが、あいにくの雨でした。雨だけなら鈴鹿の時にも経験があったのですが、富士のサーキットは意外に標高が高い所にあるということを失念していました。

雨にプラスして標高が高いから、もう寒いのなんのって大変でした。基本的に半そでの服しか持ってなかったし・・・。

レースそのものは荒れ模様の中、視界が開けるポールスタートの優位性を守ったハミルトンが勝ちましたね。

これでハミルトンの優勝もほぼ決まったかなー、って感じですね。

ハミルトンはこれで、初物づくしで優勝と歴史に名を刻む事になりそうですね。

でも雨レースならではのシチュエーションも見れて楽しかったです。特に最終ラップのマッサ(フェラーリ)とクビサ(BMW)のバトルは楽しかったです。

それにしてもふがいないのは日本勢、せっかくのホームグランプリなのに下の方に沈んでしまってましたね。
来年は頑張って上位に食い込んでほしいですね。

本当はいっぱい、いっぱい書きたいことがあるんです。レースの事から会場の事など、でもまあ書き始めるとほとんど愚痴っぽくなるので止めましょう。

以下は沢山撮った写真の中から何枚かアップしてみます。雰囲気が少しでも伝わればいいですね。

2007f106

決勝当日の 様子。霧に雨、低い気温と最悪なコンデションの中沢山の人が集まっていましたね。

 

 

 

2007f105

雨のせいでせっかくのドライバーズパレードもトラックで1週という、しおしおな感じになりました。
あと、晴れていたら航空自衛隊のアクロバットチームブルーインパルスによるショーがあったのに、これも当然の事ながらなし・・・、残念!

 

 

2007f108

予選でクラッシュした後、バイクの後ろに乗ってピットに帰るラルフ・シューマッハです。
気づくのが遅くて背中しか撮れませんでした。

 

  

2007f101

でたぁ~!!「浜田大明神」
しかし、今回はご利益があまりなっかたようですね(笑)

 

 

 

 

 

  

2007f102

毎年、トヨタブースを賑わす「ラルフ」アンド「トゥルーリ」の着ぐるみ、来年はラルフはいないんだろうなあ・・・(笑)

 

 

 

2007f104

そしてこれがないとはじまりません(笑)、
サーキットの華!レースクイーン!
ブリジストンブースのイベントでの一コマです。
キマッってますね。
ほんとはもっと沢山あるけど諸事情により(何?諸事情って)1枚のみです(笑)。

  

2007f103

おそらくベストショットであろう1枚。
うーん、でもライコネン、マッサどっち・・・?

 

 

 

最後は動画です。セーフティカー時のものですが、雨の中での様子が少しでも伝われば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »