« レンコンの花 | トップページ | 韓国旅行記その2 »

2007年7月25日 (水)

韓国旅行記

久しぶりのアップです。

実は週末に韓国に旅行に行っておりました。以前にも行ったのですが、またまた行ってまいりました。

土星人の地元からだとほとんど東京に行く感覚で行けるので、例によって職場の上司であるスーさんと、今回はあと二人の職場の方々と合計4人で行ってまいりました。

あいも変わらずの飲んで、食って、寝て、というパターンなんですが(笑)、

毎度毎度、デイープ系のお店に突撃していますのでちょっと変わったご報告ができると思います。

200707soul01

じゃーん、韓国といったらコレ!

焼肉ですね。
 

 

 

一般的に観光客相手がメインのような目立つ焼肉屋は値段だけが高くてあまり美味しくないのが多いのですが、
この店はとある肉市場のビルの2階にあり、肉の質、値段ともに申し分ありませんでした。

しかし、わかりにくい上に、豚の頭や牛の足などがごろんごろんしているような所を通っていかないといけません。

200707soul02

こんな感じのところです人によってはちょっと雰囲気的にきついかもしれません。
(ホントは色々おもしろい写真があるのですが、アップは控えますね)

 

 

ただ、ホントにこのカルビは美味しかったです。
ちなみに韓国では日本で言う「お通し」的な感じでたくさんキムチが出てきますが(もちろんタダ)、
この店ではその中に「レバ刺し」と「生せんまい」が出てきます。

レバ刺しなんて日本ではかなりの値段なんですけどね。

ちょっと恐かったです(生なんで)が食べてみました。
とりあえず体は大丈夫でした(笑)、おいしかったです。

上記お肉のお話とかぶるのですが、日本人がお魚を食べつくすのと
同じように韓国の人も牛肉や豚肉を食べつくしますね。

200707soul04

その一例が、写メの料理です。
「ヘジャンク」といいます。
底にご飯が沈んでいて、スープにご飯を入れたような感じで、ご飯の少ない雑炊って感じ?

 

 

韓国では二日酔いに効く食べ物だそうで、お酒を飲んだ翌朝、あるいはお酒を飲んだ締めに食べるそうです。
ちなみに何故二日酔いに効くのかはしりません(笑)

見にくいかもしれませんが何やらレバーっぽく見えるものは牛の血を固めたものなんです。その他、センマイ等内臓が入ってます。

私も初めて食べた時はびびりましたが、においも味もほとんどなく、寒天的な食感だけの食べ物でした。

フレンチや中華にも血液を使った料理はありますが、韓国にもあるんだなー、って発見でした。

以前紹介した「カンジャン・ケジャン」のカニ屋さんにキムチ屋さんは
今回の旅行でももちろん行っているのですが、
(というか、必ずコースに入れてます)
ネタがかぶるということもあるので今回はパスしますね。

そうそう、今回の旅行でびっくりしたのは両替に関してです。

南大門を始めとする観光地には必ずといっていいほど
個人の両替屋さんがいます。

中でも目立つのは南大門の中にいる両替おばあちゃんの一団です。
200707soul05

 

 

 

 

 

見るからに怪しげなおばあちゃん達で(失礼)、
今までは単にスルーしていたのですが、

実は、なんと両替の率が銀行よりも若干ですが良いのです。

ちなみに私が空港で替えた時は1万円が7万2千ウオンといくらかだったのですが、
おばあちゃん達は7万4千ウオンでした。

韓国で千ウオンといったら日本では100円ぐらいの感覚ですし、端数は整理しないと商売にはならないのでしょうが小額とはいえこちらにとって多いほうで両替てくれるのですから
すごいなー、と思いましたね。

話してみたら結構おもろいおばあちゃん達だったし、
(日本語達者、戦前の人だからかな)
これからは両替はおばあちゃんとこをメインにしましょう。

200707soul10
最後の写メは東大門市場の屋台で買ったソフトクリームとアイスクリームのあいのこのような食べ物です。

グレープということだったのですが、
ブドウの味はしませんでした。
香りはしっかりブドウでしたが・・・

変なお菓子でした(笑)

|

« レンコンの花 | トップページ | 韓国旅行記その2 »

コメント

土星人がノックアウトするの?

投稿: うさ丸 | 2007年7月28日 (土) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189775/15900156

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国旅行記:

« レンコンの花 | トップページ | 韓国旅行記その2 »