« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

冷風扇

冷風扇
以前、クーラーが壊れてしまった事をお話しましたが、流石にそのままでは我慢が出来にくそうだったので電器屋さんに冷房の道具を仕入れに行きました。

夏真っ盛りの今は、エアコンもなかなかのおねだんですね。

近所の某○マダ電器では五万円以下のエアコンがありませんでした。

ちょっと予算的に厳しいかなー、

ってなやんでいたところ、エアコンの横に冷風扇なるものを発見、

そういえばこういうのもあるよな、家ではあんまりエアコン効かす訳ではないし・・・

と、いうわけで買っちゃいました冷風扇。

約七千円でした。

エアコンに比べ電気代が安いし、風が自然に近い、個人的には気に入ったのですが、

水の管理が必要、意外にデカイ、掃除も必要と、デメリットもままありますね。
まあ、この夏はこの冷風扇で乗り切ってみます。

あと壊れたエアコンはどうしましょう、引き取ってもらいしかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

暑い

暑いですねー。

もうごっつ暑いです。

しかも、この暑いなか、家のクーラーが壊れました。
がーん( ̄□ ̄;)!!

風は出るのですが、冷たくない、どこかがおかしいようです。

土星人は元々あまり家ではクーラーを使わないのですが、流石にこの暑さではちょっと辛いです。

電気屋さんに行かなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

韓国旅行記その2

うーんと、昨日はログアップできなくてごめんなさい。

夏バテかな?晩御飯を食べてぼーっとしてたらそのまま意識のシャッターが降りてしまいました(笑)

あまり気にしていない人もいるでしょうが、気をとりなおして韓国旅行記第2回です。

今回は、鳥料理のお店の紹介です。

韓国の鳥料理と言えば、「サムゲタン」が有名ですね。
最近は韓国ドラマのおかげで「タッカルビ」も知られるようになりました。

しかし今回行ったお店は「タッハンマリ」という料理が名物です。
ちなみに鶏のことを韓国語で「タッ」と言うらしいです。

200707soul06

「タッハンマリ」は見ていただいたら判る様に、要は丸ごとの鳥の水炊きのような料理です。

 

 

 

200707soul07

くつくつと煮えたら韓国特有のはさみで豪快に鳥を分割し、見るだけで辛そうな真っ赤な唐辛子味噌、醤油、酢、辛子(黄色いやつね)を好みで合わせたタレにつけていただきます。

 

 

季節は真夏、クーラーもないお店、しかも満員。
目の前にはぐらぐらと煮える鍋。
そしてトドメの辛いタレ・・・

何やらトリップ状態に近い感じ・・・・

でも美味しかったです。
(食べるのはちょっと面倒ですが・・・笑)

鳥は容赦のないブロイラーなんでしょうが、
丸ごとの強みかな?、なかなかいけるんですよ。

そしてなんといってもお鍋の汁、
いい出汁が出ています。

これをなんとかしなきゃもったいない。

この辺は韓国でも考えることは同じなんですね。
何やら麺を入れてくれます。

200707soul08

この麺がまた日本で言ったら「棒ラーメン」みたいな麺なんですが、雰囲気に飲み込まれているせいか、なかなかいけましたね。

 

 

それにしてもこのお店、人気店らしく、行列できてました。
周辺には同じ料理を売り物にしているお店はたくさんあるのですが、行列が出来ていたのはここだけです。

かつて行った中国でもそうでしたが、1箇所に同じ種類の店が集合するんですよね、で、やっぱり人気のあるところとそうでないところに分かれる。

色んな要因はあるのでしょうが、やっぱり客の舌は正直なんですね。

でもそうでないお店も簡単につぶれたりしないところがまだおおらかさが残っているなあと感じます。

ちなみに店内はこんな感じです。

200707soul09

おそらく100人は入れるとおもいます。かなり広いのこのお店がぎゅうぎゅうになるんですからすごいモンです。

 

 

もうなんか昔の古き良き大衆食堂そのまんまみたいな、

雰囲気といい味といい、なかなかいい感じでした。

さてさて、食い物の話ばっかじゃいけませんので、
今日もちょっと違うお話を、

韓国といえば日本にはない賭け事が出来るところ・・・

ということで、行って来ました。

200707soul11

カジノでーす!

 

 

 

以前はウオーカーヒルにしかなかったのですが、現在は国営カジノが、ヒルトンホテル、と江南という地区にもできました。

特にヒルトンホテルはソウル駅のすぐ近くなのでアクセスしやすいですね。

これまではスーさんがカジノに興味がないため、寄る事がなかったのですが、今回は連れがまだ2人いるということで行きました。

私はルーレットがしたかったのですが、なんと席が満席、仕方なくスーさんと二人でスロットに挑戦。

スーさん、ほんとに賭け事には興味がないらしく、

「おい、これはどうやってするもんなんや」

と隣の私に聞いてきます。

二人で適当にやっていたら、

スーさんまたまた、

「おい、これはどういう意味や?」

「え・・どしたん・・・?、○☆×!!!」

びっくり!、100倍が当たっているではありませんか!

スーさん、千ウオンの投資で5万ウオン儲けました。

ちなみに私はスロットで2万ウオン負けました(トホホ)

みなさん賭け事はほどほどにしましょうね(笑)

今回のツアーは人数が4人だったせいかいつもよりなお一層濃いツアーでした。

もうネタ満載で書き始めたら1週間ぐらい続きそうなので今回はこの辺までにしておこうと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

韓国旅行記

久しぶりのアップです。

実は週末に韓国に旅行に行っておりました。以前にも行ったのですが、またまた行ってまいりました。

土星人の地元からだとほとんど東京に行く感覚で行けるので、例によって職場の上司であるスーさんと、今回はあと二人の職場の方々と合計4人で行ってまいりました。

あいも変わらずの飲んで、食って、寝て、というパターンなんですが(笑)、

毎度毎度、デイープ系のお店に突撃していますのでちょっと変わったご報告ができると思います。

200707soul01

じゃーん、韓国といったらコレ!

焼肉ですね。
 

 

 

一般的に観光客相手がメインのような目立つ焼肉屋は値段だけが高くてあまり美味しくないのが多いのですが、
この店はとある肉市場のビルの2階にあり、肉の質、値段ともに申し分ありませんでした。

しかし、わかりにくい上に、豚の頭や牛の足などがごろんごろんしているような所を通っていかないといけません。

200707soul02

こんな感じのところです人によってはちょっと雰囲気的にきついかもしれません。
(ホントは色々おもしろい写真があるのですが、アップは控えますね)

 

 

ただ、ホントにこのカルビは美味しかったです。
ちなみに韓国では日本で言う「お通し」的な感じでたくさんキムチが出てきますが(もちろんタダ)、
この店ではその中に「レバ刺し」と「生せんまい」が出てきます。

レバ刺しなんて日本ではかなりの値段なんですけどね。

ちょっと恐かったです(生なんで)が食べてみました。
とりあえず体は大丈夫でした(笑)、おいしかったです。

上記お肉のお話とかぶるのですが、日本人がお魚を食べつくすのと
同じように韓国の人も牛肉や豚肉を食べつくしますね。

200707soul04

その一例が、写メの料理です。
「ヘジャンク」といいます。
底にご飯が沈んでいて、スープにご飯を入れたような感じで、ご飯の少ない雑炊って感じ?

 

 

韓国では二日酔いに効く食べ物だそうで、お酒を飲んだ翌朝、あるいはお酒を飲んだ締めに食べるそうです。
ちなみに何故二日酔いに効くのかはしりません(笑)

見にくいかもしれませんが何やらレバーっぽく見えるものは牛の血を固めたものなんです。その他、センマイ等内臓が入ってます。

私も初めて食べた時はびびりましたが、においも味もほとんどなく、寒天的な食感だけの食べ物でした。

フレンチや中華にも血液を使った料理はありますが、韓国にもあるんだなー、って発見でした。

以前紹介した「カンジャン・ケジャン」のカニ屋さんにキムチ屋さんは
今回の旅行でももちろん行っているのですが、
(というか、必ずコースに入れてます)
ネタがかぶるということもあるので今回はパスしますね。

そうそう、今回の旅行でびっくりしたのは両替に関してです。

南大門を始めとする観光地には必ずといっていいほど
個人の両替屋さんがいます。

中でも目立つのは南大門の中にいる両替おばあちゃんの一団です。
200707soul05

 

 

 

 

 

見るからに怪しげなおばあちゃん達で(失礼)、
今までは単にスルーしていたのですが、

実は、なんと両替の率が銀行よりも若干ですが良いのです。

ちなみに私が空港で替えた時は1万円が7万2千ウオンといくらかだったのですが、
おばあちゃん達は7万4千ウオンでした。

韓国で千ウオンといったら日本では100円ぐらいの感覚ですし、端数は整理しないと商売にはならないのでしょうが小額とはいえこちらにとって多いほうで両替てくれるのですから
すごいなー、と思いましたね。

話してみたら結構おもろいおばあちゃん達だったし、
(日本語達者、戦前の人だからかな)
これからは両替はおばあちゃんとこをメインにしましょう。

200707soul10
最後の写メは東大門市場の屋台で買ったソフトクリームとアイスクリームのあいのこのような食べ物です。

グレープということだったのですが、
ブドウの味はしませんでした。
香りはしっかりブドウでしたが・・・

変なお菓子でした(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

レンコンの花

レンコンの花
ここ二、三日は空はどんよりですが、体感的に気温は随分と暑くなった気がします。

もうすぐ梅雨明けでしょうか?

レンコン畑では、レンコンの花がきれいにさいています。

このレンコンの花って朝顔とおんなじで、朝咲いて、昼過ぎには花はとじちやうんですね。

恥ずかしながら、知りませんでした。

おかげで、仕事帰りに写メを撮ろうとしても、花が咲いてなくてびっくりしました(笑)

朝少しだけ早起きして通勤途中に写真におさめました。


さて、私事ですが、明日から旅行に行って参ります。
二泊三日ですので、その間はログがストップします。
ご了承下さい。
(でもそんなにきちんとチェックして下さるような奇特な方はいるのかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

カラオケ大会

カラオケ大会
えっと、2日ログアップがとんじゃいましたね。すいません。

ダメです。最近、ヘベレケになるまで飲むと、ダメージから立ち直るのに非常に時間を要するようになってしまいました。

昨日は一日引きずってしまいました。
ま、いわゆる二日酔いというやつです。

昔なら次の日の午後にはなんとか持ち直したのですが、最近はまる一日かかるようになりましたね。
困ったもんだ。


でもって、飲みすぎの原因となったカラオケ大会なのですが、

集まった面子が、面子だったので、なんと、大アニソン大会とあいなりました。
昼の三時から夜九時まで、六時間みーんなアニソンでした。

馬鹿ですね(笑)。

唯一違ったのは私がジュリーのサムライを歌った事かな(でもこの曲も濃いですよね、違う意味で)

こんなにカラオケでアニソン歌ったのはホントに久しぶりでした。

調子にのってしまった上にアルコールも手伝って早々に壊れてしまいましたね(爆)

写メはサイボーグ009「誰がために」です。名曲ですね。

その他、「水木一郎絶叫メドレー」とか、世界名作劇場の歌とか、ガンダムはファーストから種までとか、マクロス関係とか、

ヤマトとか、

勇者シリーズとか、

セラムンとか・・・

いかん、書いてて収集が・・(笑)

久しぶりに歌いまくりました。楽しかったです。

しかしながら、上記のように後のダメージもひどかったです。

はしゃぐのもいいけどほどほどにせんといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月15日 (日)

コンサート第3 弾

コンサート第3<br />
 弾
今日は台風一過です。
空は変な雲だし、吹き返しと思われる風もそこそこありましたが、なにはともあれこちらでは峠を越えました。

そして、今日、今年初の蝉が鳴きました。(土星人の地元周辺ですが)

なんだか、夏本番かなと感じてしまいました。


さて本日はまたまたコンサートです。

同じコーラス団でやっている仲間が、市民ミュージカルに出るというので聞きにいきました。

ミュージカルの内容は、写メのパンフを見て想像つくとは思いますが、まんま「ライオンキング」です。
まあしかし、素人の集団がやっているのですから、パクリなんて野暮な話は無し。

実際、素人集団にしてはよくやっていると思いました。
(話はヨコになりますが、ハイエナという動物はどうしても悪役になってしまいますね。実際はいたって普通の生き物なんですが・・、外見が悪いからでしょうか、損な役回りです。)

で、ちなみに知り合いの団員ですが・・・

パンフを開いてびっくり!

あーた、主役じゃないですか!

まあ、彼はごっつ歌上手いからなあ。
四国の田舎ではなかなかいない人材だと思います。

見事に主役のシンバ役をこなしておりました。


私も負けずに明日は歌いたいと思います。

あ、いや、私の場合はカラオケなんですけどね・・・、
明日は友人とカラオケ大会なんです。

ちゃんちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

岩原挑戦

現在、台風が近づいています。おかげで今日は1日何も出来ませんでした。

明日も台風の影響が残りそうですし、この3連休はカヤックは出来そうにないですね。

仕方ないとはいえ、ちょっとがっかりです。

唯一の救いはようやく早明浦ダムの貯水率が回復しそうな事ですね。

でも台風頼みというのも複雑ですね。被害が少なくてすむように願います。

実は、先週は吉野川に遊びに行ったのはいいものの放流がゼロだったため、寺家、アドでは何もできません。

どうしようかー、って感じでずっと吉野川を下り、仕方なしにモンベルさんのお店で

「どっか遊べるとこありますか?」ってなじみのスタッフに聞いたら、

「岩原の下でやったら」、というお話をしてくれました。

「え?岩原ですか?」

岩原とは大歩危コースの最終地点「岩原の瀬」のことををさします。
川べりに駐車スペースはあるし、すぐそばにモンベルの岩原店もあるので何かと都合はいいのですが、なにせ大歩危のメジャーな瀬だからなー。

「もう土星人さんなら大丈夫でしょ」

お気楽とも、励ましともつかないお言葉をいただき、躊躇しつつも行ってみる事に、

P1010005

どうどうと流れる岩原の瀬、写真で見るとどうしても平面っぽく見えてしまいますが、かなーり段差があります。

 

 

P1010004_2

1年間の休養を経て今シーズンより復活のKZ氏。本日の同行者です。まだまだいかんなあと言いながらも黙々とフェリーグライドをこなしておりました。

 

 

聞けば、ここは艇を担いで移動して瀬にアタックすることが可能との事。残念ながら教えていただいたのは上がってからの事だったので、この日はずっとウエーブにアタックをかけておりました。

P1010006

ラフトのコースにもなっていますので各ショップのボートが続々と通っていきます。

 

 

 

P1010018_1

遠く関東からこられたつくば大学のカヤッククラブのみなさん。
これから吉野川で合宿を行うとの事。本日のメニューは大歩危コース2回転だそうです。
若い方々はタフですねー。怪我のないようがんばってください。

 

水量にもよりますが、岩原でもそこそこいけそうな手ごたえを感じました。自分のエリアが広がった感じですね。収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

ドナドナ

今日はケータイのお話しです。

以前、水没して見事に復活をとげた私のケータイ君ですが、その後の使用について、問題なく稼動しています。

そのおかげで、新規購入の機体がちゅうに浮いた状態になっていました。

どうしたもんかなー、と思っていた所、

職場の友人が家族の携帯を買い換えを考えているとの事だったので、これ幸いとばかりに引き取っていただくことになりました。

あのまま私が保持していてもそのままになっていたでしょうから、新しい人のもとで使っていただける方がよいでしょう。

こうして、無事にケータイ君は「ドナドナ」されていきました。

え?

「ドナドナ」の意味ですか?

小学校の音楽の教科書にそういう名前の曲があったのですが、

みょーに悲しいメロディと歌詞で非常に印象に残っています。

〓かわいい子牛売られていくよ〜、
かなしそうな瞳でみているよ〜、
ドナ、ドナ、ドナ、ドーナー、〓

子牛が牧場から市場へ売られていく情景を歌っているものなんですが、初めて知る短調の響きとその歌詞に衝撃をうけたのを覚えています。

あまりにも印象に残っていたせいか、自分達の回りではものを売買、または譲り受けするときには、「ドナドナする」と言う言葉を使います。

あれ?ケータイの話から随分と路線変更していました。
しかもどーでもいい事だし(笑)

でも、みなさんもよかったら使ってみてください。

「ドナドナする」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサート第2 弾

コンサート第2<br />
 弾
今日は以前にログでお話しした綾戸智絵さんのコンサートでした。

いってまいりましたよ、イエイ!


めちゃめちゃ面白かったです。
二時間が瞬く間にすぎていきました。

それにしても、曲もさることながら、本当によくしゃべってくれるのですね。随分と笑わせていただきました。

あと、客層が広いですね。本当に老若男女が聞きに来ていたと思います

本当に楽しかったです。

そうかとおもえば、すでに来年の四月にはまた愛媛にくるのですね。
(写メ右側がそうなのですが、チラシが入っていました。)

デビュー10周年ツアーで盛大に行うみたいです。

これはまた行かないといけないですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

ネットでのひろいもの

どーでもいいことなんですが、土星人は基本的にテレビを見ません。

あんまり今のドラマとかバラエテイなんかに興味がわかないからです。ニュースなんかは多少見たりしますが、基本的に情報源はネットですね。各新聞社のHPは毎日チェックしています。

日本だけでなく、外国の新聞も少しづづ見ているのですが、いかんせん、英語はほとんど、っていうかまったく読めませんね(笑)。翻訳をかけて見ています。

そんな中、お隣韓国の保守系大手の新聞、「朝鮮日報」は日本語に訳したサイトを上げてくれているので非常にありがたいです。日本のメデイアとはまた違った切り口の記事もあり、非常にためになります。

少し前のことなんですが、朝鮮日報のページをチェックしていたところ、変わった写真を発見しました。

245044852996016798

な、なんですか?

このきぐるみ軍団は・・・

 

 

 

背景は見たことあります、ソウル駅の横にあるロッテマートの正面入り口に登るためのエスカレーターでしょう、多分。

197721680913611719

どうやらピザチェーン店が新しいピザを売り込むための街頭パフォーマンスだったようです。

 

 

海老をメインにしたピザらしく、着ぐるみはエビらしいです。言われないとよくわかんないですよね(笑)。

580233124535702681

綺麗なオネーサンがPRをするのは日本も韓国も一緒なのかな?

 

 

真ん中のがそのピザなんでしょうが、何か、ピザっていうよりエビフライかなんかがいっぱい並んだ宴会料理の盛り合わせのようですね。

おいしいのかな?

なんか日本ではありえなそうな演出もイベントに、微妙にポップなエビの着ぐるみに思わずひかれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

F1駄ネタ

昨日はシルバーストーン、イギリスGPでした。
フェラーリにライコネン、完全復活かな?
がんばって優勝争いを面白くしてほしいです。

ところで、「ライコネン」ってフィンランド出身ですよね。
ルノー新人、「コバライネン」もフィンランドでした。

かつてシューマッハと激しいタイトル争いをした「ハッキネン」もそうですよね。

確か、ラリーの世界にも「マキネン」とか「バタネン」とかいましたよね。

素朴な疑問・・・

フィンランド(あるいは北欧)には「○○○ネン」って名前多いんでしょうか?
(あ、ミカ・サロは違いますね・・・(笑))

日本の名前でいう「○○郎」みたいなものなのかな・・・?

・・・でも「~ネン」ってついているのはファーストネームじゃないですね。

まあ、とにかく「~ネン」って名前の人が多いんでしょうね。

そうなると・・・

「ナンデヤネン」

とか

「アホヤネン」

なんて名前の人はいるんでしょうかね・・・、

・・・、

・・・・・・、

それじゃ単なる関西弁やがな・・・(しかもベタベタ・・・)

すいません、全然関係ない話になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でもその場合値段はいくらかかるんだろ(BlogPet)

最近は地元のお行儀が悪かったのですが、徳島でお鮨などを調理したかったよ
値段とかをスペシャリテしなかった生地です
ぼうぜとは徳島地方の方言で、でもその場合値段はいくらかかるんだろ・・・
、里芋を上品に炊いてあります
少々お行儀が悪かったの?
後半わらびで美味しかったです膨大と、上手くワラビ餅も黒糖の素材の力だろ・・・

と、土星人は考えてるはず。


*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 8日 (日)

コンサート

コンサート
土星人です。

いやー、青柳ネタは申し訳なかったですね。
一人ではしゃいでしまっていたようです。

最近、ネタが一日遅れですが、今回も昨日のネタです。

昨日はこれまでとはがらりと雰囲気が変わって、コンサートに行ってまいりました。

何のコンサートかと言うと、コーラスです。

プロ・ムジカ女性合唱団(直訳)という、ハンガリーの合唱団体です。

ヨーロッパの様々なコンクールで軒並み優勝を獲得しているらしく、世界のトップレベルの歌声が地元で聞けると楽しみに行ってまいりました。

実は土星人、コーラスをやっているくせに、プロのコンサートは今回が初めてなねです。

今までは、かつてブラスバンドをやっていたせいで、聞きにいくのはオーケストラばっかで、歌が入るのはせいぜいオペラが精一杯でした。

それに、純粋にコーラスのみのコンサートって実際少ないようですね。

でもって、コンサートの中身なんですが・・・、

凄かったです。
演奏を聞いてゾクゾクするような感覚は久しぶりでした。

特に宗教曲(アベマリアとか)は、あちらはキリスト教のお国柄なんだと理解していても、それ以上に凄かったです。

あと、この団体は結構来日しているらしいのですが、そのせいかどうかは知りませんがプログラムに日本の歌も結構取り入れてました。

また、これが上手なんです。特に、「赤とんぼ」を聞いた時は、風景が頭の中に浮かびました。

久々に感動させていただきました。

おまけを言えば、メンバーの方々には凄い美形の方が多数いて個人的にそっちの方でもノックアウトされました(笑)。

アハハ、オヤジ丸出しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

徳島の夜「青柳編」2

はい、みなさんあきれているかと思いますが、
本日も青柳編の後半です。

20070705basara08

炊き合わせです。
茄子、かぼちゃ、里芋を上品に炊いてあります。上にかかっている菜の花みたいなのは花山椒です。
味のぼやけやすい煮物のりんかくをはっきりとさせます。

 

 

20070705basara09

さて、ここでサプライズがありました。
お店が特別にサービスしてくれたものです。

「ぼうぜのにぎり」です。

 

 

あの漫画「美味しんぼ」で紹介された青柳のスペシャリテです。
ぼうぜとは徳島地方の方言で、正確には「イボダイ」です。このイボダイの新子(10センチ以下の小さい状態)をお鮨のネタであるコハダのような下処理をしてにぎりにします。

かつてはこの青柳でしか食べれなかったのですが、有名になったせいか最近は地元のお寿司屋さんでも出すようになっています。しかしながら、その膨大な手間のために提供できるお店は少ないらしいです。

今回はお店の人が好意で出してくれました。しかも今期初物らしいです。
やったね、らっきー!
ありがたくいただきました。

20070705basara10

揚げ物です。
今回は焼き物がなかったせいかこの揚げ物が鯛のお頭の姿揚げとスーパーボリュームでした。(頭だけでなくカマの部分もあります)
青柳特有のおかきを粉々にしたものを衣にしています。
ちょっと乱暴な調理方法かなとも思ったのですが、さすがですね、上手くまとめています。少々お行儀が悪かったのですが、ばらばらに分解するほど食べさせていただきました(笑)。

20070705basara13 

そしてご飯です。
これまた青柳名物の「ハモ丼」です。親子丼の鶏肉の代わりにハモを使っていると思っていただいていいでしょう。
そう書いてしまうと何か単純なような気がしますが、これがまた美味しいんです。ハモもさることながら卵の力が大きいのかな?

20070705basara11_1

そして最後の御菓子です。
手前がプリン、奥がわらび餅です。
プリンはその名も「昔プリン」と名づけているだけあって固めのしっかりした生地です。しかも味がすごい濃厚。上記ハモ丼でもそうだったのですが、卵の素材の力だと思います。
ワラビ餅も黒糖の風味がしっかりしていて美味しかったです。

インターネットの書き込みなんかを見ると、いろんな事が書かれてありますが、まあ、土星人的には十分楽しめました。満足しています。

出来たら鳴門に移転した青柳で宿泊しながらのんびり食べてみたいなあ。
(あ、でもその場合値段はいくらかかるんだろ・・・、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

徳島の夜「青柳編」

本日出張先の徳島から帰ってきました。なんだかんだいっても移動は疲れますね。

さてさて、昨日の夜は他の人間のお誘いをすべて断って、以前のログにちょっと書いていた仕込みの実行を行いました。

その仕込みとは、

徳島が全国に誇る名店「青柳」で食事をすること、である。
お店の主人でもある「小山裕久」さんはよくテレビなんかにも出ているので見たことある人も多いとおもいます。

あ、でも厳密には「婆娑羅(バサラ)」という青柳の姉妹店です。位置づけは青柳がグランメゾンとしたらバサラはビストロという感じかな?
ただ、ビストロといっても、かなりの高級ビストロになりますが・・・。

実は土星人、四国在住のせいもありまして、実はこの「婆娑羅」にはすでに何回か行ったことあります。(ちょっと自慢・・・)

しかし、最後に行った時からはすでに1年以上も間があいているので、今回は本当に楽しみにしていました。

ちなみに、土星人は別に料理評論家でもなんでもありません。
ただ単に、飲み食いが大好きなエンゲル係数の高いおっさんです。

20070705basara01

婆娑羅の入り口です。大きな看板もなくいい雰囲気です。
ただ、このお店の周辺は非常に騒がしくなってしまってますね。繁華街ですから仕方ありませんが。

 

 

さて、さて、それでは土星人が食べたものをご紹介しますね。

お店の方にお許しをいただけたので、すべての料理を写真に撮ることができました。
かなりの数になるので2回に分けていこうと思います。

20070705basara02

まずはつきだし、
徳島名産のわかめにゆでた海老、これに土佐酢のジュレをかけています。鰹節の風味が濃厚でした。
ちなみにこれにアワビが加わると青柳名物「贅沢わかめ」になります・・・、が、土星人は食べたことありません(悲)

 

20070705basara03  

八寸です。
初夏らしく枝豆があります(右側)。真ん中はちりめんじゃことしし唐のきんぴらのような感じ、手前は茄子かと思いきや、いちぢくにゴマたれをかけたもの。
奥の器には切干大根をおひたしにしたような感じのもの・・・、左の「吉」の器の中には一見、なめ味噌のようなのですが、食べてみたら全然別物で・・・、
はい、ごめんなさい、判りませんでした。

ちなみに飲み物にはえびすビールをいただきました。なんか雰囲気が合いますよね。
ちょっとCMを意識してはいますけど(笑)

20070705basara04

コース前半戦の華、椀物です。
料理人が特に力を入れるものらしいですね。
メインの具はしんじょなんですが、何をすり身にしたのかわかりませんでした(またかい!)。
蓋をあけるとふわっとスダチの香りがただよい、出汁と味付けが絶妙でした。
しんじょ以外はじゅんさい、さやいんげん、そしてホワイトアスパラが入っていました。ホワイトアスパラも椀物の具になるんですね。びっくりしました。

20070705basara05

お椀がでたら次はお造りになるので、飲み物をお酒にチェンジします。ちょっと隠れてしまっていますが、青柳独自のラベルをはった冷酒です。
ちなみに最近は日本料理やお寿司にワインを合わせたりするのが流行っていますが、青柳さんではかなり以前からワインセラーをもっているらしいです。
でも土星人はせっかくの日本料理だから日本酒をあわせるのが好きです。決して、ワインが高いから手が出ない、なんてことではありません・・・・・・、あ、言ってて情けなくなってきた(涙)

20070705basara06

お造り、要はお刺身ですね。
まってました、季節です、ハモの湯引き。(右側)
梅タレと一緒に食べると冷酒が進みます。
後は言わずと知れた鳴門の鯛とイカのお刺身でした。

 

 

20070705basara07

茶碗蒸し?夏に・・・?と思いきや、そうめんでした。真ん中の赤いのはトマトです。

 

 

 

ちょうどこの和風カッペリーニとでもいうべきそうめんで一息つきましたので、今日はいったんこれまでとします。
青柳編後半はまた明日・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

徳島の夜

土星人です。

昨日から、徳島にいます。
昨日の晩の事なんですが、
仕事も終わり、さて、どこに飲みに行こうかと考えながらホテルで荷物の整理をしていると、
ルルルとホテルの電話が・・・

土星人くん、みんなで飲みにいかんか?

なにー?

夜はフリーやったんとちゃうんかい。

話ちゃうでー!

最悪な夜でした(笑)。

でも、話かわってびっくりしたのは、さすが徳島。

この時期、市内のあちこちで阿波踊りの練習をしているんです。

もう、あっちでドンちゃん、こっちでドンちゃん、
河川敷なんて練習の団体だらけです。

みんな熱心に練習しているんです。

眺めているだけでも結構楽しめました。

さすが徳島県人、阿波踊りになみなみならぬ熱意を持っているんだなあと思いました。

生憎、暗すぎて練習風景の写メはとれませんでした。
すいません。

でもホント一度、生で阿波踊りを見てみたいなと思わせるほどの熱気でした。

人出は凄まじく多いのでしょうが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

お出かけ前夜

実は明日から徳島に2泊3日で出張です。

おえらいさんのお供、いわゆるこまづかいですね。

仕事とはいえ、嫌な連中ばかりなので、正直ウンザリです。

しかし・・・、

幸いな事に、夜のお供はしなくていいようです。
(夜の経費を少しでも縮小したいのですかね)

めちゃめちゃ救いになりました。

これ幸いとばかりにネタをひとつ仕込んでみました。
上手くいけばまた、ログに上げますね。

明日は徳島からログアップの予定です。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

F1とヲタ

日曜日カヤックをして、疲れているのに夜更かしをしてF1を見たので今日は結構眠いです。

フェラーリがやっと復活しましたね。マクラーレンの独走になると面白くないなあ、と思っていたのでがんばって欲しいですね。

ちなみに、どーでもいい事なのですが、カナダGPで大クラッシュして奇跡的に助かったクビサですが、あの人の顔を見ると、何故か子泣きじじいを思い出してしまいます(笑)

失礼だとは思うのですが・・・、似てるとおもいませんか?


あと、昔(ルノー1年目)のアロンソのものすごいもみあげを見てルパン三世だとも思ってました。(笑)


話変わって、あの一世を風靡したアニメ、エウ゛ァンゲリオンがリメイクされますね。

ちなみに土星人は当時はあまりのめりこまなかったのですが。

このリメイク版では宇多田ヒカルが主題歌を歌うみたいですね。

ZガンダムではGacktが歌ってますし、最近はアニメの歌をメジャーなアーティストが歌う事も増えてきましたが、

土星人の感覚だとアニメの主題歌って新人アイドルとか、アニメ専門の人(水木のアニキや堀江美都子のような・・古!)が歌うみたいなイメージがあり、

こういうニュースを見ると仕事ないの?と思ってしまいます。
(すいません、本当に失礼なやつですね)

要は感覚が古いんでしょうね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

金曜日(BlogPet)

土星人は
ためしにFOMAカードを入れ替えて、色々いじくってみたのですが、通話、金曜日、メール、インターネット、すべて今までと同じように動作しています。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「うさ丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

金曜日の夜

うーん、実を言うと今日もカヤックしに吉野川にお出掛けいたしました。

かなーり、ウエーブに乗れるようになってきました。
あとはロールの成功率を上げるのみ・・・

でも、カヤックネタばっかだと、飽きられそうなので、
今日は違う話にします。
(そもそもカヤック自体マイナーですし・・・(笑))

金曜日は飲み会だったのですが、
毎月、月末の金曜日に集まろうということになっています。

そして今回はちょっと変わった趣向が・・・

メンバーの1人がとある賭け(っていうか宣誓かな・・・)で負けてしまい、
ペナルテイーを受ける事になりました。

まあ、このペナルテイーがかなりきつい話になっていて、
高級しゃぶしゃぶ店でご馳走すると言う事になっていたようです。
(どひゃー!!)

さすがにそれは厳しかろうということで、
材料のみの調達で許されたようです。

ちなみにいつのもこの会はメンバーの一人の実家が中華料理屋さん
なのでそこでいつも開かれています。

だから、材料の調達だけでもなんとかなるんですね。

2007062901  

 

 

 

 

彼はしゃぶしゃぶ用の高級牛肉を大量に買ってきてくれていました。
しかし、鍋が見てのとおりの鍋なので、
なんか相撲部屋のちゃんこみたいですね(笑)

しかもこの季節にしゃぶしゃぶですから暑いのなんのって、
部屋にはクーラーが入ってはいましたが、
人数は多いし、火は点いているし、メンバーは暑苦しいやつらばっか(笑)
なのでクーラーなんぞ役立たずでした。

あ、でもちゃんと、お肉は美味しかったですよ、
お店が作ってくれた特性ゴマダレ(写メの中のペットボトル)との
相性もばっちりでした。

そんな訳でせっかく美味しいお肉を頂くのだから、ここは一つ、
デザートを用意しようと土星人、人肌脱ぎました。

それがもう一つの写メです。

2007062902

 

 

 

 

今回はイタリアンデザートです。
左側が言わずと知れた、超有名デザート、「テイラミス」

右側のドーム状のものが「ズコット」です。

テイラミスは説明不要ですね。

ズコットはボール等の容器の内側に切ったスポンジケーキを張り、そこにムース等を入れたお菓子です。

夏場ですので今回はヨーグルト風味のアイスクリームを入れて、さっぱりと仕上げてみました。

イタリア料理のお菓子はシンプルで単純に美味しいというレシピが
多いような気がします。

テイラミスだってそんなに難しくないですからね作るのは、

イタリアにはいい素材が沢山あるからでしょうか?
それとも国民的気質みたいなのも関係しているのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »